中古バイクのBBBトップ > 中古バイク買取・見積のパサバ > キズ・ヘコミ

キズ・ヘコミ

うかつに手を出すと、マイナス査定!?

少しでも、買取り額を高くしたい…からといって、キズやヘコミを自分で修理するのは、よほど自信がない限りはおすすめしません。

タンクやカウルなどについた浅く小さなキズは、コンパウンドで消すことができますが、注意して行わないと、新たな小さなキズを作ってしまう原因になります。また、大きなキズやヘコミに関しても、プロ級の技術がないと、あからさまに修理したという痕跡が残ったり、修理を失敗してパーツそのものをダメにするおそれがあるので、技術に不安が少しでもあるなら、塗装がはがれている部分があるなら腐食を防ぐためにタッチペンで補修する程度にしておき、ほかは手を出さずにいるのが無難です。

パーツの交換にしても、不慣れな人が行うと、キズや割れを作ってしまうことがあります。これでは、買取り額を高くするどころか、せっかくの行為も逆効果。

キズやヘコミは、自分でやらずにバイクショップにお願いするか、あるいは、そのままにして業者に買取ってもらう。それが余計なマイナス査定を作らずに済む方法です。

バイクの買取って?

バイクの各種手続き

バイクを高く売りたい!

バイクを売る前に

こんなバイクでも大丈夫?

まとめ

もちろん無料でご利用いただけます!    株式会社ビーディーエス
BDS BIKE BUFFETは日本最大のバイクオークション運営会社(株)BDSのオフィシャルサイトです

中古バイク情報が満載のBBBはあなたのバイクライフを応援します。中古バイク・新車・パーツ検索やバイクの査定まで、中古バイクのBBBにお任せください。

中古バイク・新車はBBB|BBBとは|サイトマップ|会社概要|掲載のご案内

Copyright(C)2011 BDS Company.,INC. All Rights Reserved.