ナンディ小菅のレストア野郎オールマイティダックス編

いよいよ、色を乗せていきます!

この記事をシェアする!

  いよいよ色を乗せていきます。塗料が垂れないように慎重になっているのが伝わるでしょうか? 垂れたら垂れたで修正すればいいだけの話ですが、それはそれでメンドクサイので慎重になります!

  細かいパーツは塗るのも簡単ですが、フレームのような大きなものは注意深さが必要になる。素人にも扱いやすいようにガンの吐出量を絞ってもらっているのですが、それでも凄く塗料の出が良い。塗料の出が良くても缶スプレーよりも霧化されて出てくるので断然塗りやすい。塗装のプロが皆、缶スプレーで塗るのを嫌がる理由がなんとなくわかりました。

  下や内側などの塗り難い部分から塗っていくのがセオリー。塗りやすいところは最後にしないと、塗料が必要以上に乗ってしまってそれが垂れる原因にもなりかねませんからね。

  1度めの塗りでは全てを塗ろうとせず、一度軽く乾燥させます。その上から2度目を塗って完成としました。今回は艶消し仕上げなのですが、艶消し剤も塗料に混ぜて吹いたので、最終的にクリアを吹く工程を省いています。こういったことも出来るのも缶スプレーよりもスプレーガンの方が優れているところですね。さて、あとはこれが乾燥するのを待ちましょう!

  乾燥待ちしている間にステッカーをカットすることにしました。漢数字の『六』なのですがこれを両サイドに貼り込むことでIV号戦車D型(あんこうチームVer.)をイメージさせてみます。

  細かい部品がかなりあったので、下地から塗装まで何気に大変でした。ハンドルもファニーズ川口さんからもらったBMX用を取り付けることにしますよ。

  次回でいよいよ組み込みに…と思いましたが、ホイールの塗装がまだ残っていました! ホイール塗装は二十世紀屋さんでパウダーコートで仕上げてみますからね!

シートの張替えとホイールペイントです


NEW

モンキーレストア作戦開始です!

PICK  UP

TW編 DAX編 ftr250編 zippy編 MAX×APEプロジェクト プロトモスピーダプロジェクト
フリーワード検索

車名のほか、通称やメーカー名でも検索できる!(例:ファイアーブレード、ヨンフォア等)

バイクメーカーで探す
バイクのカテゴリーで探す