ナンディ小菅のレストア野郎★2番星★FTR250編

まずは始動してエンジンの様子を確認

ホイールは結構程度良 ハンドルは幅の狭い物に変更

フロントフォークは抜け気味なのでそのうちにオーバーホールしたいですが、ホイールは結構程度良し。ハンドルはデイトナ製のダートラバーが付いていましたが、街乗りでのスリ抜けを考えてとりあえず幅の狭い物に変更しました


前もってキャブは掃除

    エンジンがかかることは購入時に確認していましたが、一応前もってキャブは掃除しておきました。ノーマルキャブですが加速ポンプ付きなのでちゃんとメンテナンスしてあげればレスポンス良く反応してくれます!


エンジンオイルを抜いてみたら、クリーミーな液状物・・ パノリン製4Tストリートブレンド15W/50に交換

エンジンオイルを抜いてみたら、もう見たこともないようなクリーミーな液状物が出てきました・・・。水が混入していたのか最初にエンジンを掛けたことで混ざってこの惨劇になったのでしょう。交換したオイルはエンジン設計の古いバイクから最新バイクまで使える「パノリン製4Tストリートブレンド15W/50」にします


フロントブレーキ一、マフラーを交換

フロントブレーキ一式を購入し、マフラーも純正が手に入ったので交換。ちなみにFTR250のブレーキローターは絶版なので中古を買うしかない状態ですが、キャリパーはFTR223のものが流用可能。そうそうFTR250のマフラーと言えば、サイレンサーがシルバーの物はキック車のもので、黒一色のものはセル車に採用されていたそうです。そんな小ネタはアメリカのインディアナ州インディアナポリス市在住でダートトラックをやっている 古橋さんに聞きました

気持ちよく、エンジン始動!

エンジンをブン回す前にオイルは新品に交換しておいて本当に良かったです。次は灯火類を付けて、早く公道走らせてみたいですね。しかしまあ、FTR250の中古外装パーツは程度の良いものはどれも高いこと・・・。中古でFTR250を買う時には機関はもちろんですが、外装も出来るだけ綺麗なものを買うのが良いと思いますよ

次回の予告 リアショックを他車から流用してみますよ

NEW

エンジンをかけたい!

PICK  UP

モンキー レストア編 TW編 DAX編 ftr250編 zippy編 MAX×APEプロジェクト プロトモスピーダプロジェクト
バイクメーカーで探す