ナンディ小菅のレストア野郎★2番星★FTR250編

灯火類付けて公道仕様に!

XR230のテールユニットに交換

    まだライトもウインカーも付いていない状態なので、灯火類を取り付けます。ホンダのこの手のオフ車はテールユニットが共通だったりするため、入手困難なFTR250純正でなくても写真右側のXR230などがボルトオンで取り付け可能だ。写真左側は元のFTR250に付いていたものですが、これは使用しません

リアと同じくXR230のものです。 メーターも取り付けます

ライトはボトムマウント型の4.5インチベーツタイプライトを市販のFTR250用ライトステーでマウント。フロントウインカーはリアと同じくXR230のものです。メーターはよさげなのが手元になかったので、とりあえずXR100モタード純正のを付けておくことにします


公道仕様になってきました

フロントフェンダーとマッドガードがありませんが、とりあえず公道を走れる雰囲気になりました。続いてリアショックの交換に入りますよー

リアショックを流用だ!

見るからに抜けているリアショック

    見るからに抜けているリアショックですが、シートを押してもダンパーが効いていないのが分かります。古橋さんも「2スト250レプリカのモノを加工して使っていました」と言っていたので、他車からの流用が出来ればと考えました


ZX-9Rのリアショック

そこで用意したのがZX-9Rのリアショック。程度の良いものが中古で8000円程度でした。計測してみたら全長はほぼ同じ。更に上側のめがね部分の幅はどちらも30mmでシャフト径も同じでした。違うのが、下のコの字部分の内径で、FTR250が29.5mmでZX-9Rが32.5mm。つまり下側のシャフト径(14mm)に合わせた3mm厚のカラーを作れば取り付けが可能となるわけだ(但し、現時点では左右のオフセットなどは考えていません)


ジャッキを噛ませる

リアショックを交換するときにはタイヤとシートレールの間にジャッキを噛ませると楽に作業できます(ジャッキでタイヤが潰れるほど力が掛かりますけど)。このやり方なら一人でも作業可能!

NEW

エンジンをかけたい!

PICK  UP

モンキー レストア編 TW編 DAX編 ftr250編 zippy編 MAX×APEプロジェクト プロトモスピーダプロジェクト
フリーワード検索

車名のほか、通称やメーカー名でも検索できる!(例:ファイアーブレード、ヨンフォア等)

バイクのカテゴリーで探す