ナンディ小菅のレストア野郎★2番星★FTR250編

ベイツタイプライトでお困りではありませんか?

    ボトムマウントのベイツタイプライトに変えていますが、以前球が切れた時に違いうバルブを差したら、ハイビームとロービームの位置が逆になってしまったんです。「そんなのバルブを逆に差し替えれば直るじゃん」と思うだろうけど、バルブはマウント位置がツメで決まっているし、コネクター側も刺さる位置にしか刺さらない。仕方なしに今までハイ/ローを逆で使っていたんです…

この状況を打破するにはライトレンズごと逆向きに付けるしかないなと思っていたのですが、レンズカットの位置が決まっているからダメだし、雨水の排水なども考えるとやめた方が良さそうで…どうしたものかと悩んでいたら、稲村さんから良い方法を教わりました!

    ベイツタイプライトに入っている標準バルブが逆接点(日本国内のバルブとは向きが逆)なためこの事態になっているので、コネクター内部をピッキングツールなどで取り出して向きを180°変えて入れ直せばハイ/ローが通常の位置になるのです。入れ替えは簡単ですよ! 但し、コネクター側面の細い溝の幅が左右で違うタイプがあり、それだとこの技が使えないそうなので注意されたし

ハンドルも変えてみます

    今まで付けていたハンドルは幅が狭くて上がっていたためにスリ抜けはやりやすかったのですが、ダートラ走るなら少し幅の広いハンドルの方がやりやすいためレンサル製に変更してみました。しかし、トップブリッジは塗り直した方がいいかな・・・?

エンジンが掛からないとお嘆きのFTR乗りに朗報!

    「前回タペット調整やってみたけど、まだエンジンのかかりがいまいち」という人はCDIの調子を疑ってみるのがいい。だが純正CDIはすでに絶版のご相談パーツなため、メーカーからの新品入手は不可能。中古も微妙だし、困ったものです…

    ナンディさんのFTR250はキックスターターなのですが、普通に10回ぐらいは蹴らないとエンジンが掛からない。更に掛からないときは30分ぐらい放置して機嫌を取らないと絶対にかからないというXLR系エンジン特有の「原因不明のエンジン始動せず地獄」に陥りかけていた…。そんな中、ふとオートデコンプが悪さしているのではと思って外してみたのですが、そしたらキックは重たいのですがそれだけでエンジンの掛りが超良くなりました! こんな簡単なことで直るとは…

    オートデコンプが圧縮を抜きすぎてエンジン掛かり悪くなっていたんでしょうね。キックは重たいですが、1発で掛かるこの始動性の良さに比べれば屁でもないです! 同じ症状のある車体はオートデコンプの遊び調整、もしくはナンディさんのようにキャンセルしてしまえば直るのかもしれませんのでお試しアレ

NEW

エンジンをかけたい!

PICK  UP

モンキー レストア編 TW編 DAX編 ftr250編 zippy編 MAX×APEプロジェクト プロトモスピーダプロジェクト
フリーワード検索

車名のほか、通称やメーカー名でも検索できる!(例:ファイアーブレード、ヨンフォア等)

バイクメーカーで探す
バイクのカテゴリーで探す