ナンディ小菅のレストア野郎★2番星★FTR250編

今年もこの日がやってきた! モーターサイクルショーでお披露目なのです!

やってきました『第42回東京モーターサイクルショー』です。昨年の雷電ジッピィに続いてBBBブースで2年連続の車両展示になります。

1日4回公演のナンディ小菅レストアトークショーも超好調! レストア時のよもやま話などに説法を織り交ぜて大展開です。実はここでBBBさんとの今後の展開も電撃発表されたりしましたよ

メイドさんに囲まれての楽しいスナップタイム。これはトークショーという名のナンディさん説法を聞かない限りベストショット位置が確保できません! スナップタイムが来たときには撮影部隊の皆さんはいろいろと高まったことでしょう

これで完成! FTR250改『RS250D』仕様です!

余計なものが付けられていないレーサー仕様はやっぱりカッコイイ。ダートトラック用ですが、フロントブレーキはあえて付けっぱなしにしたのでTT仕様ということになります

連載2回目でZX-9Rのリアショックを組み込んだのですが、カラーを作るだけで意外にも楽勝でした。ビギーパックが当たるのでノーマルエアクリーナーボックスは付けられませんけどね。フロントフォークは連載3回目でオーバーホールしています。最終的に8mm程度突き出ししました

太洋モータースさんではXLR系で悩まされがちなエンジン始動性を復旧(第45回)。今回溶接して頂いたオイルクーラーステーも満足の仕上がりです

マフラーも第回目で太洋モータース稲村さんに繋げてもらっています。シートは第6回目丸直さんに表皮張替&ゲルザブ埋め込みをお願いしています。ゲルザブは埋め込みされているとは全く気が付かない仕上がりですが、乗るととても尻にフィットするのでお勧めです! RS750Dのシートカウルのイメージでトリコロールカラーを入れたタンデムシートもGOODでしょ~!

トップブリッジのパウダーコートは二十世紀屋チンペイさんによるもの(第7回目)。ハンドルとブレーキマスターはデイトナ製で、ブレーキホースをストレート出しにしているのがこだわりです。第89回目ではS PAINT WORKSさんによるタンクとフォークガードのペイントも完成。タンクのラインはRS750Dに合わせたもので、タンクデカールもあえてFTR250のノーマルとは変えてRS750Dに倣い「HONDA」ロゴ仕様にしています

FTR250は中古市場も玉数が激減しているので、お好きな人は早めに車両確保しておいた方がいいですよ。でも動態保存させるためにはまずレストアして完調になってからでしょ! もしご家庭に動かしていないFTR250などがある場合はたまにはエンジンを掛けて、出来れば乗ってあげて下さい。

綺麗に作りましたが、こいつも乗りまくって遊び倒しますよ~

NANDY小菅のレストア野郎 DAX編 Coming soon…

NEW

エンジンをかけたい!

PICK  UP

モンキー レストア編 TW編 DAX編 ftr250編 zippy編 MAX×APEプロジェクト プロトモスピーダプロジェクト
フリーワード検索

車名のほか、通称やメーカー名でも検索できる!(例:ファイアーブレード、ヨンフォア等)

バイクメーカーで探す
バイクのカテゴリーで探す