いや、まだ加工は続きます

この記事をシェアする!
このままでは、折れてしまう
ドラッグバーハンドルを溶接

  「出来たー」と思ったら「このままではFRPのシートカウル後ろ部分を上から押したり、負担がかかると折れますよ」ということで、シートレールを更に追加することになりました。ドラッグバーハンドルを部材として使用してみます。

完成予想

  切ったハンドルを当てがってみて完成イメージを想像。こんな感じで立ち上げればシートカウル部分を支えることが出来るようになるというワケですよ。

シートレールの延長
マウントも溶接済み

  シートレールの後ろに切ったハンドルを溶接していきます。ハンドルの中央部分も使って補強としています。一番後方の板はテールランプが付けられるマウント部分です。

溶接部分
テール周りも完成

  更にウインカーマウント部分も追加。これでシートカウル&テール周りは完成。公道走れるようになる日もは近い気がしてきた!!


あと少しで走行可能です!

ハンドルクランプが変

  「ハンドル変えようかな~」と思って、よく見たら右側のハンドルクランプの向きが逆になって付いてました。適当すぎるぜ前オーナー! こういったクランプは矢印がある方が前向きになります。

矢印側を進行方向に
手前側でトルク調整

  矢印など印があるハンドルクランプは印がある方を前にする。そして印がある方から締めていく。そもそも印がある方が先にトップブリッジに当たるようになっているので、締めつけ具合は印がない側でトルク調節するのが正解(印がない手前側が少し隙間が開く感じでOK)。

ガソリンコック

  「さーて、これでようやく乗れるじゃん~」と思ってコックをリザーブにしてみたら、今度はガソリンダダ漏れかよっ! コックのOリングを新品用意しないとダメですわ…。


電気系トラブル

NEW

モンキーレストア作戦開始です!

PICK  UP

TW編 DAX編 ftr250編 zippy編 MAX×APEプロジェクト プロトモスピーダプロジェクト
フリーワード検索

車名のほか、通称やメーカー名でも検索できる!(例:ファイアーブレード、ヨンフォア等)

バイクメーカーで探す
バイクのカテゴリーで探す