この記事をシェアする!

ハンドルも変えるか!

ハンドルを変えることに

  フューリーロード的なハンドルのイメージは一文字のドラッグバーなので、ハンドルを変えることに。適当な低めの純正ハンドルを用意しました(たぶんTW純正)。

用意した中古のハンドルが多少曲がっていた

  用意した中古のハンドルが多少曲がっていたようなので修正します。万力に挟んで鉄パイプを突っ込んで曲げ修正です。時には強引さも必要です。

大体のシルエットは決まりました

  大体のシルエットは決まりました。ここからフューリーロード風味を更に追加していきますよ!

タンクはペイントしませんよ

麻布を使います
そのまま巻いただけではイメージが違う

  タンクへの装飾として麻布を使います。ペイントしないので楽ですが、そのまま巻いただけではなんかこうイメージが違う・・・。

  麻布を泥水に浸して乾燥させることで、より使い込まれた感を上げました。更に革のハギレを使ってパッチワークも施す。これに先に作ったメーターカバーを付ければ雰囲気は十分出せるでしょう。

細かな部分も仕上げていきますよ

バッテリーボックスを作る

  電装系はバッグ類にしまおうと思っていたのですが、バッテリーとか重量のあるものは流石に厳しいと判断。そこでバッテリーボックスを作ることに。

  やはり鉄板からワンオフ製作です。他の電装系はカーボン板を使って電装プレートとしました。

ライトガード

  更にライトガードを作ります。もはやTWのパーツを作っているとは思えませんね。完全にチョッパー製作記。

  ライトに合わせてウインカーにもガードを製作。流行りのバードゲージ調の縦ラインではなく、横にしているのがポイントですよ。

ハンドガードは市販品のもの

  ハンドガードは市販品のものからプラスチックパーツを取り外しただけですが、アルミだけのガードがワンオフっぽいし世紀末感もUPだ。

TWのフロントビュー
TWのリアビュー

  メーターカバーはまだ塗り終わっていないので付いていませんが、こんな感じになりました。ワイルドマンです。

布巻きタンクも良い塩梅です

  シートもちょっと裂けているぐらいの方が雰囲気も出せますね。布巻きタンクも良い塩梅です。今回のペイント作業は溶接して作った小物やステーにサビ止めとして耐熱黒を塗ったくらいでしょうか。全体図は次回!

フューリーロード仕様TWで遂に完成!!

NEW

モンキーレストア作戦開始です!

PICK  UP

TW編 DAX編 ftr250編 zippy編 MAX×APEプロジェクト プロトモスピーダプロジェクト
フリーワード検索

車名のほか、通称やメーカー名でも検索できる!(例:ファイアーブレード、ヨンフォア等)

バイクメーカーで探す
バイクのカテゴリーで探す

観覧履歴