この記事をシェアする!

エンジン

  クラッチ直すのに何度もカバー開けたのには苦労したなぁ。キックペダルは取り外しています。アップタイプのエキパイはセローの純正をチョイス(もちろん無塗装)。

マフラー

  古のモトショップ五郎製スパトラダウンマフラーがまさかのセンターアップに!  シートレールはサイレンサーをマウント出来るよう、ファニーズカスタムサービス川口さんが加工しました。

スイングアーム

  市販で最長になるであろう30cmロングスイングアームを入れて、タイヤの後ろにナンバーが来るようにリアバンパーもオリジナル製作。

ライト周り

  フロントにはファニーズカスタムサービスオリジナル製品の汎用ゼッケンプレートを取り付けて、ウインカーもマウント。ファニーズ川口さんが夜なべしてガードも作りました。麻布を止めているのはダートトラックやオートレースのスチールシューを止める用の紐。

タンク

タンク

  フレームにマウントを溶接することでサベージのタンクを搭載。あえてのペイントワークではなく、タンクを包み込むようにしてダメージ加工した麻布を巻いた。更にレザーのパッチワーク、バッグを追加して輪郭をぼかす用にして仕上げている。ハンドルのブッシュガードもバンテージを巻くことでタンクとの雰囲気を近づけた。

メーター

  サベージはタンクオンメーターなのでそれを最大限利用することに。メーターカバーは造形が得意なファニーズカスタムサービスならではのワンオフ品。FRPで大まかに製作した後にパテで成形し、細かい部分はリューターで削って仕上げています。塗装は金属風です。右目はアイパッチ、左目には位置を変更したサベージ純正インジケーターが仕込まれている。

MADMAX仕様

  シートは汎用トラッカーシートの着座部分のみをマウントし、破れなどはあえてそのままにしています。低い位置のハンドル、大きなタンクに薄いシート、そしていきなり出てくるマフラーエンドという、あやしいコンビネーションによってTWの概念を取り払ったMADMAX仕様です。

TWフューリーロード風味完成!

  見た目的にはかなりキテる仕様ですが、ストリートユースで乗る分にはTWならではの軽さとフットワークの良さで普通に走ります。しかしながら目立てる。これぞ飽くなきカスタマイズの追求…というのは言いすぎでしょうが、バイクのカスタムなんてものは何かの流儀などに捉われず、自分なりに楽しむのが一番ですから!

次シリーズのレストア野郎は…なんだ

NEW

モンキーレストア作戦開始です!

PICK  UP

TW編 DAX編 ftr250編 zippy編 MAX×APEプロジェクト プロトモスピーダプロジェクト
フリーワード検索

車名のほか、通称やメーカー名でも検索できる!(例:ファイアーブレード、ヨンフォア等)

バイクメーカーで探す
バイクのカテゴリーで探す

観覧履歴