タンクの次はキャブレターだ!

この記事をシェアする!
TZR250

ガソリンタンクは散々な結果だったので。新たなタンクが手に入るまでの間、キャブレター側に手を付けてみることにしました。

エンジンの前側
エアクリーナージョイント

エンジンの前側に位置しているキャブを外すため、ステンレスバンドを緩めてズラします。ちなみにこの黒くて巨大なエアクリーナージョイントはガソリンタンク下のエアクリーナーボックスまで繋がっているのですが、吸気音を減らすための機能も担当しています。

インシュレーター

前に隙間が出来たので、今度はエンジン側のインシュレーターからキャブを外します。

2ストオイル

エアクリーナージョイントにはドレンホースが繋がっているのですが、それを外したらダクダクと2ストオイルが垂れてきました。ドレンホースが詰まっているのだろうか? それとも様々なものが混り合わさったことでオイルの粘度が高過ぎになり抜けきらなかったのか…。

かつてガソリンだった液体

キャブレターのブロート内に残っている“かつてガソリンだった液体”もキャブレターのドレンボルトを緩めて抜き取ります。

キャブ
ゴミや水

キャブから抜いたガソリンがこれまた酷い状態でガソリンタンクのサビやら水やら、腐った謎の物体がたっぷり入ってました。これじゃエンジン掛からないわな。コックからキャブに繋がっているガソリンホースの中も当然ながらゴミや水が詰まっていたので、ホースごと交換した方が安心出来そうですね。

エアクリーナージョイント

2ストオイルでベトベトであろうエアクリーナージョイントの中はパーツクリーナーを吹くことで清掃しておきました。

NEW

エンジンをかけたい!

PICK  UP

モンキー レストア編 TW編 DAX編 ftr250編 zippy編 MAX×APEプロジェクト プロトモスピーダプロジェクト
フリーワード検索

車名のほか、通称やメーカー名でも検索できる!(例:ファイアーブレード、ヨンフォア等)

バイクメーカーで探す
バイクのカテゴリーで探す

観覧履歴