タイヤをハメてみることにしました

ジッピーのタイヤ達

サフェーサー仕上げの雰囲気が見たかったので1日以上乾燥させてからタイヤを付けてみます。ジッピィのフロントタイヤは2.50-14ですが、リアは5.00-8という超特殊サイズで現行の国内モデルには既に存在していません。海外のバギー用とかならあるのでしょうけど「それではすぐにタイヤの山がなくなってしまうしなぁ」と考えた末にインチダウンさせてモンキー用の4.00-8サイズを入れることにしました。少しタイヤが細くなってハイトが上がってしまいますが、こればっかりは致し方ない・・・。


ウレタンクリアでコーティング

前後タイヤは当然チューブタイプ。バルブの穴のところにタイヤの軽点マーク(スタンプ)を合わせます。タイヤの一番軽いところをチューブの一番重いところに合わせることで出来るだけタイヤとホイール、そしてチューブの重量バランスを取るのです。作業は東京は阿佐ヶ谷の太洋モータースさんで行いました。

ホイールバランサースタンドを使ってみよう

デイトナホイールバランサースタンド ホイールのバランスをチェック

デイトナ製のホイールバランサースタンド(¥22,050)を使えばタイヤバランスを取ることができます。そういえばこれがあればスポークの調整バランス取りも出来るんだったと、塗った後に気が付いて後悔・・・。


ホイールはイジっていないから元のバランスはそれほど崩れていないだろうし、タイヤバランスは取っているからまあ大成功としましょう! まあ走ってみてヨレるようなら、そのときにスポークバランス取ればOKでしょ。

NEW

Zippy編Vol.11|Zippyレストア大完成!ついにレストア野郎★Zippy編完結! Zippy編Vol.10|Zippy組み上げ作業開始です!TMCSに向けて最終段階! Zippy編Vol.09|完成が見えてきた! 雷電ペイント&再メッキ完成! Zippy編Vol.08|アーミーグリーンのボディにド派手な黄色が映える!

PICK  UP

MAX×APEプロジェクト プロトモスピーダプロジェクト
フリーワード検索

車名のほか、通称やメーカー名でも検索できる!(例:ファイアーブレード、ヨンフォア等)

バイクメーカーで探す