大人のたしなみしとしてベスパに接してみよう! 2014年7月より、毎月更新!!
大人のたしなみとしてベスパに接してみよう! 更新情報 (毎月更新)

    バイクに乗っている印象って、他人からするとどんなものなんだろう?
まあ印象なんていろいろだと思うけれど、「バイクに乗ってるなんてスゴい!」や「◯◯さんのご主人ったらバイクでカッコいいわ~」
……という好印象的なものならちょっと嬉しいでしょ?
だけどできることならご近所さまから「いい趣味ですね」と言われたい……というか言わせたい!いやいやムリでしょ……ではなく、ベスパならそれも可能なんじゃないかと思うワケです。

    なのでベスパというのが「大人にふさわしい遊びバイク」であるというところを、今後さまざまな企画を通してお見せしようというのが狙い。
なにしろベスパにはメーカーヒストリーやモデル毎のウンチク話がふんだんにあって、4輪では今でこそ当たり前のモノコックボディを最初期モデルから採用しているなど、興味を持ってもらえそうな要素がいっぱい。

それに鉄ボディならではの質感と高級感を持つ"お洒落で粋なデザインをまとうイタリアンスクーターの代名詞"的存在でもあることから、世界中の誰もが知っている知名度の高さも魅力。ご近所さんだって「◯◯さんったらベスパだなんてステキね」……となること間違いなし!     

    さてさて、すでに「ベスパでどんな遊びをするんだろう?」って気になってきちゃったでしょう。まずは2つほど遊びの提案をしてみましょう。

50年代後期から60年代中期くらいに活躍した小さな8インチタイヤ/125ccのスタンダードなモデルを、歴史もパーツの知識も学びながらレストア

「最後はプロに乗ってもらいたい!」をテーマに遊び心満点なレーサーを、ベスパと言ったらコレ!……的人気モデル50Sをベースに製作

スミモト氏

隅本辰哉(すみもとたつや)

スクーター専門誌の編集デスクを経てフリーに。さまざまあるスクーターのジャンル(カスタム、レース、モダン、クラシックなど)に縛られることなくフェアな視点での執筆に定評がある。とくにお気に入りだというベスパについては、冊子やタブロイドペーパ-を発行するほどの入れ込みよう。そんなスミモトによる「大人のたしなみとしてベスパに接してみよう!」がスタート!!

ほかにもヒストリックモデルの紹介や絶版モデルのインプレッションなど、複数の題材を同時展開させながら毎月連載(その月の記事がどのテーマで展開されるかは蓋を開けてのお楽しみ!)   さらにゆくゆくは便利な装備を製作しちゃう「本気の工作」や、レーサーつながりでオフロードレーサーも製作しちゃおうか……なんてたくらみもあるのだ!