• Auto Magic
  • 中古

ヤマハ FZX750

本体価格(税込)

¥ 97. 20 万円

乗り出し価格(税込)

¥ 113. 25 万円

  • 排気量

    750cc

  • 年式

    1997

  • メーター距離

    不明

  • 地域

    千葉県

商品番号:B016177
更新日:2018/02/27

お電話でお問い合せ

  • 営業時間10:00〜20:00
  • 定休日火曜日
販売店名:
Auto Magic
住所:
千葉県千葉市若葉区東寺山町929-1

・エンジンFZR1000(2GH)135ps+α・公認済・外装YFデザイン・フレームリペイント・エンジン塗装済・ステンマフラー・FCR39・BIGラジエター・2GHフロント廻り・FZR1000(3GM)リヤホイール5.5×17・Rサスフォルナンス・BS・ホワイトメーター・モノブロックキャリパ・その他

・エンジンFZR1000(2GH)135ps+α・公認済・外装YFデザイン・フレームリペイント・エンジン塗装済・ステンマフラー・FCR39・BIGラジエター・2GHフロント廻り・FZR1000(3GM)リヤホイール5.5×17・Rサスフォルナンス・BS・ホワイトメーター・モノブロックキャリパ・その他

続きを見る

基本情報

(ヤマハ FZX750 千葉県)

排気量 年式 メーター距離 メーター交換 フレーム修正 車検 保険 製造国 カテゴリ
750cc 1997 不明
減算・疑義なし
日本 ネイキッド /ツアラー /アメリカン
排気量 750cc
年式 1997
メーター距離 不明
メーター交換
フレーム修正
車検
保険
製造国 日本
カテゴリ ネイキッド /ツアラー /アメリカン

仕様・オプション・装備

  • メーカー認定
  • メーカー保証
  • 販売店保証
  • 納車整備
  • フルノーマル
  • 逆輸入車
  • 不動車・部品取り車
  • ボアアップ車
  • 修復歴無し
  • ワンオーナー
  • 2スト
  • AT
  • FI
  • ETC
  • セル
  • ナビ
  • ABS
  • セキュリティ
  • HID付き
  • レストア
  • 通信販売可能
  • 試乗可能
  • 定期点検記録簿
  • 取扱説明書
  • LEDライト

お電話でお問い合せ

販売店名:
Auto Magic
住所:
千葉県千葉市若葉区東寺山町929-1
営業時間
10:00〜20:00
定休日
火曜日

ショップ情報

Auto Magic

住所

千葉県千葉市若葉区東寺山町929-1

定休日

火曜日

営業時間

10:00〜20:00

1988y土地を借りてショップと小さな工場を構えました。開業当時、日本の二輪業界では『Cutom』という言葉も文化も浸透しておらず、CustomShopもカリスマもおりませんでした。当然、現代の様に便利なボルトオンの改造パーツもそれを売る量販店もインターネットもありませんでした。当時は規制が厳しく、マフラーやハンドル、キャリパー、バックステップへの変更など、、できませんでした。...

1988y土地を借りてショップと小さな工場を構えました。開業当時、日本の二輪業界では『Cutom』という言葉も文化も浸透しておらず、CustomShopもカリスマもおりませんでした。当然、現代の様に便利なボルトオンの改造パーツもそれを売る量販店もインターネットもありませんでした。当時は規制が厳しく、マフラーやハンドル、キャリパー、バックステップへの変更など、、できませんでした。
しかし、Riderひとりひとりに体格や体形が違います、、オートバイにはクルマの様にチルトハンドルもシート位置調整機能も有りません。Riderの中には自分の体や自分の乗り方に合った『自分仕様のBikeに改造して乗りたい』…と、強いご要望があり、何とかそのご要望にお応えしたい。お客様と一緒に理想を求めていきたいと考えました。
当時、メーカー純正以外は、一般的には「改造」と言う認識でしかなかった。「改造=不法=不良」と、アウトローなイメージだった。
族や少年たちのオモチャではなく大人のイイ趣味として、どうしたらイメージアップできるか?世間からの認知も必要でした。
また、どうしたらCusotm Machineが堂々と公道を走れるか?
もっとBikeの楽しみ方を広げたい・・・
ほんの25年前は、今のボルトオンパーツとして売られている部品のほとんどが「不法改造」だったのです。
そこで、AutoMagicのArakiは独自のカスタム手法やカスタムパーツの開拓と開発を繰り返し行い、公認申請を積み重ね。そして改良改造があるんだという証明し続けカスタムできる幅を広げてきました。

しかも、
「真似」ではなく『生み出すこと』
独創性やバイタリティーで何とか一歩ずつ・・・ 信念は誰よりも負けません!
Customの原点である 「こだわりとらしさ」 は
個々のSHOPの独自性を発揮し腕の見せ所でもあります。 新しいカスタム文化を更新すること・・・AutoMagicはその目標に向かって、『流用Custom』から『新旧の融合』を取り入れ、それが『Hybrid Custom Style』となり、世に広めてきました。伝統や文化更新と継続には大切な、 新たな試み、組み合わせる・混在・融合・・・ それがAutoMagicアイディアの源です。 デザインやスタイルやパーツ、Bikeの創り方から始まり ライダー・ショップ・伝統技・会社・グループに至るまで 、、 その時代に合わせた良いところの融合と協力。
全てが
『新旧融合=XROSS(cross)の理念』です。
また、
皆さんの一瞬一瞬に色々なシーンがあります、
気分や動作や仕様も色んなモードがあります。


創造が大好きなAutoMagicコンセプトから
『XROSS MODE』ブランドができました。
1988y土地を借りてショップと小さな工場を構えました。開業当時、日本の二輪業界では『Cutom』という言葉も文化も浸透しておらず、CustomShopもカリスマもおりませんでした。当然、現代の様に便利なボルトオンの改造パーツもそれを売る量販店もインターネットもありませんでした。当時は規制が厳しく、マフラーやハンドル、キャリパー、バックステップへの変更など、、できませんでした。
しかし、Riderひとりひとりに体格や体形が違います、、オートバイにはクルマの様にチルトハンドルもシート位置調整機能も有りません。Riderの中には自分の体や自分の乗り方に合った『自分仕様のBikeに改造して乗りたい』…と、強いご要望があり、何とかそのご要望にお応えしたい。お客様と一緒に理想を求めていきたいと考えました。
当時、メーカー純正以外は、一般的には「改造」と言う認識でしかなかった。「改造=不法=不良」と、アウトローなイメージだった。
族や少年たちのオモチャではなく大人のイイ趣味として、どうしたらイメージアップできるか?世間からの認知も必要でした。
また、どうしたらCusotm Machineが堂々と公道を走れるか?
もっとBikeの楽しみ方を広げたい・・・
ほんの25年前は、今のボルトオンパーツとして売られている部品のほとんどが「不法改造」だったのです。
そこで、AutoMagicのArakiは独自のカスタム手法やカスタムパーツの開拓と開発を繰り返し行い、公認申請を積み重ね。そして改良改造があるんだという証明し続けカスタムできる幅を広げてきました。

しかも、
「真似」ではなく『生み出すこと』
独創性やバイタリティーで何とか一歩ずつ・・・ 信念は誰よりも負けません!
Customの原点である 「こだわりとらしさ」 は
個々のSHOPの独自性を発揮し腕の見せ所でもあります。 新しいカスタム文化を更新すること・・・AutoMagicはその目標に向かって、『流用Custom』から『新旧の融合』を取り入れ、それが『Hybrid Custom Style』となり、世に広めてきました。伝統や文化更新と継続には大切な、 新たな試み、組み合わせる・混在・融合・・・ それがAutoMagicアイディアの源です。 デザインやスタイルやパーツ、Bikeの創り方から始まり ライダー・ショップ・伝統技・会社・グループに至るまで 、、 その時代に合わせた良いところの融合と協力。
全てが
『新旧融合=XROSS(cross)の理念』です。
また、
皆さんの一瞬一瞬に色々なシーンがあります、
気分や動作や仕様も色んなモードがあります。


創造が大好きなAutoMagicコンセプトから
『XROSS MODE』ブランドができました。

続きを見る

お電話でお問い合せ

販売店名:
Auto Magic
住所:
千葉県千葉市若葉区東寺山町929-1
営業時間
10:00〜20:00
定休日
火曜日