バイクワード大辞典

バイクワード大辞典バイク初心者から上級者まで楽しめる用語集を用意しました。当サイト内でわからないバイク用語が出てきたときは、ぜひご利用ください。

スライダー

走行中に転倒してしまった時、路面をスムーズに滑らせて車体へのダメージを最小限に抑えてくれる。また立ちゴケ時にも若干カウルへのダメージを抑えてくれることもあるので重宝するパーツである。

フレームやボディにつけるものをフレームスライダー、
スイングアームにつけるものをスイングアームスライダー、
アスクルシャフトにつけるものをアスクルスライダーなどとそれぞれ区別して言うことが多い。
材質はジュラコンやPPなどで出来ている。

レースマシンにおいては数多くのマシンが装着する必須のパーツとなっており、特に耐久レースやモタードレースなどでは、転倒してもできるだけ少ないダメージで再スタートできるように工夫がされている。

しかし、ストリートマシンでの使用においてはいくつかのデメリットが発生することを忘れてはいけない。
まずよく言われているのが、「車体を滑らせてダメージを抑える」というスライダー本来の特性は、サーキット等のクローズドコースでは何も問題がないが、公道のように交通量が多い場所で転倒した際、すぐ止まらずに路面を滑ってしまうので、二次災害を巻き起こしてしまう可能性がある、ということ。
そして第二に「取り付け部へのダメージ」の心配。転倒した衝撃をスライダー部のみで受けてしまうので、車体全体でダメージを受けるより、スライダーを取り付けたほうが逆に取り付け部に深刻なダメージが与えられてしまうことが考えられる、ということ。

本来はレースユースが前提のパーツでもあるので、必ずしもストリートで有効なパーツではないということを承知のうえで取り付けたほうが良いだろう。

文字検索

  • カテゴリを選択してのキーワード検索も可能です。その場合は下記のカテゴリを選択してください。
指定なし

頭文字サーチ