バイクワード大辞典

バイクワード大辞典バイク初心者から上級者まで楽しめる用語集を用意しました。当サイト内でわからないバイク用語が出てきたときは、ぜひご利用ください。

スイングアーム

スイングアームとは、後輪タイヤからフレームまで伸びている部品で、構造的にはフレームとタイヤを接続している部分のことを言う。

スイングアームはフレーム側のピボットを支点にして、上下に動く(スイングする)。通常、この動きをスイングアームと車体側に取り付けられたサスペンションによって、吸収している。その働きにより、地面の衝撃やうねり等を吸収し、操縦安定性を保っていられるので、バイクは安定して走行できるのだ。
スイングアームの重量や全長、形状などで車体全体の運動性能が変わってくるほど、車体全体のバランスを考えた上では非常に重要なパーツとなっている。

スイングアームも車種や用途によって様々な形が存在し、単純な金属製の棒状のものもあれば、への字のように曲がっているガルアームや、左右どちらか一本しかアームのないプロアーム等、多種多様の形が存在する。比較的、特徴的なスイングアームを装備している車両はスポーツタイプの車両に多いのも特徴。これは運動性能向上のため、メーカーが試行錯誤して設計した現れであろう。

文字検索

  • カテゴリを選択してのキーワード検索も可能です。その場合は下記のカテゴリを選択してください。
指定なし

頭文字サーチ