バイクワード大辞典

バイクワード大辞典バイク初心者から上級者まで楽しめる用語集を用意しました。当サイト内でわからないバイク用語が出てきたときは、ぜひご利用ください。

エキゾーストパイプ

マフラーの部分の名称で、エンジンから、サイレンサーまでのパイプの事を呼ぶ。エンジンから排出された排気ガスがこのパイプを通りサイレンサーまで運ばれ、サイレンサーで消音した後排出される。

エンジン排出直後から、サイレンサーに到達するまでに他のパイプと繋がったり(集合したり)、逆に分岐したりと、効率的な排気を促す為に考えられた、様々な取り回しや形状が存在する。
最初は4本、次に集合し2本、最後に又集合し1本になる場合を一般的に4-2-1という様に表す。最初は4本、次にいきなり1本に集合する場合は4-1。その後にまた2本に分かれる場合は4-1-2といったように、エキゾーストパイプの形状を数字で表現することもある。

純正マフラーではエキゾーストパイプの径が比較的小さく、かつ肉厚が厚い場合が多い。また、エンジンからサイレンサーまでが1体物であることが多い。
一方社外のフルエキゾーストタイプのマフラーでは、排気効率を優先する為、パイプ径が大きく、肉厚も薄く、材質もチタン材などの軽量素材を用いている場合がある。
また純正とは異なり、パイプがいくつものパーツに分かれていて、全てを繋ぎ合わせる事によって、一つのマフラーとなるものがある。これは、転倒時に衝撃を各部で吸収できるというメリットと、ダメージを受けた際の部品交換が一部一部で行えるためらしい。

文字検索

  • カテゴリを選択してのキーワード検索も可能です。その場合は下記のカテゴリを選択してください。
指定なし

頭文字サーチ