バイクワード大辞典

バイクワード大辞典バイク初心者から上級者まで楽しめる用語集を用意しました。当サイト内でわからないバイク用語が出てきたときは、ぜひご利用ください。

サスペンション

路面の衝撃を吸収する装置で、フレームとタイヤ(足回り)の間に設けられる。

路面の凹凸などをタイヤが拾っても、サスペンションがあるために、その衝撃を吸収し、車体への衝撃を緩和させる。また、ライダーへの衝撃をやわらげるだけでなく、凹凸に合わせて柔軟にタイヤが動く為に、路面への追従性が大幅に向上し、走行安定性を高める役割も担っている。バイクの車体にとって非常に重要な部品であるが、一部の車両ではスタイルを表現する為に「リジットサス」と呼ばれる、サスペンションの無いバイクも存在する。

サスペンションはバネとダンパーで構成され、路面の衝撃をバネが吸収し、バネの伸縮をダンパーが緩やかにする事によって、路面の衝撃を吸収する。

サスペンションはただ柔らかけば良いというわけでなく、車体とのバランスや、その車両の用途によって、サスペンションには様々な特性が必要となる。
例えば、オフロード車両は悪路を走行するため、十分なストロークを持たせていたり、オンロードレーサーは逆にスムーズな路面を高速で走るため堅めに締め上げられた特性を持っている。

バイクの場合、主にフロントに「フロントフォーク」と呼ばれるサスペンション、そしてリヤには「リヤショック」と呼ばれるサスペンションが存在する。

文字検索

  • カテゴリを選択してのキーワード検索も可能です。その場合は下記のカテゴリを選択してください。
指定なし

頭文字サーチ