バイクワード大辞典

バイクワード大辞典バイク初心者から上級者まで楽しめる用語集を用意しました。当サイト内でわからないバイク用語が出てきたときは、ぜひご利用ください。

ラジエター

ラジエターはエンジンから発生した熱で加熱した冷却水を冷やすためのパーツである。基本的には外気を最も受けることのできる、エンジン前(フロントタイヤ近く)に取り付けられていることが多い。

水冷エンジンは冷却水がエンジンの周辺をめぐる事により、エンジンの熱を冷却させる。それによりエンジンの温度を一定に保つ事が出来る。ラジエターはエンジンの熱管理をする非常に重要な部品である。

ラジエターの構造は、金属製のフィンの近くを熱せられた冷却水が通り、その熱が伝わったフィンが走行風により冷やされ、冷却水を冷やしている。走行風がたくさん当たれば当たるほど冷却の度合いが増すので、大排気量車やカスタム車両は非常に大型のラジエターを持っていることがある。

走行時は常に風が当たる為冷却ができるが、停車時はラジエターが機能を果たさなくなってしまう。そのためラジエターの後ろにファンをもうけ、水温が規定温度以上になった場合ファンを回転させ風を発生させる事によって、安定した冷却を行うことができる装備がついている場合も多い。

ラジエターは冷却水を外気により冷却させる為、当然のことながら冷却水でエンジンを冷却している水冷エンジン搭載車両にしか装備されていない。油冷エンジンについているラジエターのようなパーツは冷却水でなく、エンジンオイルを冷やす「オイルクーラー」である。

文字検索

  • カテゴリを選択してのキーワード検索も可能です。その場合は下記のカテゴリを選択してください。
指定なし

頭文字サーチ