バイクワード大辞典

バイクワード大辞典バイク初心者から上級者まで楽しめる用語集を用意しました。当サイト内でわからないバイク用語が出てきたときは、ぜひご利用ください。

インジェクション

インジェクションとは電子燃料噴射装置のことを言う。正式には"フューエルインジェクション"のことで、略字でFIというようにも表現する。

エンジンの負圧でガソリンが吸い上げられるキャブレターに対し、インジェクションは高圧になったガソリンを電子制御によりタイミングをはかり、インジェクターと呼ばれる噴射ノズルから霧状に噴射することによって混合気を作る。

電子制御による正確なガソリンの噴射タイミングと量の調整が行われるため、キャブレターに比べて正確な燃焼を促す事が出来る。正確な燃焼は最適な出力と、クリーンな排気ガスを生ませるため、近年のバイクではインジェクションを搭載する車種が急増している。

特に始動時などはキャブレター車両に比べ、セルスターターボタン一つで容易ににエンジンが始動するので、重宝する。またエンジン暖気までのチョークも、オートチョーク機能で自動的にアイドルアップしてくれたりもする。

メンテナンス面でも、キャブレターは構造が複雑なため小さいジェットの穴に汚れが詰まる事で不調を起こしやすい面があったが、インジェクションはインジェクターノズルから噴射されるだけなので、パーツ寿命自体も長く、比較的メンテナンスを必要としないメリットもある。

唯一弱点といえば、インジェクションは全てが電子制御のため、バッテリーが弱るなど電装系にトラブルが発生した場合、エンジン不動になりやすく、キャブレター装着車両よりも電装系に目を配る必要がある。

文字検索

  • カテゴリを選択してのキーワード検索も可能です。その場合は下記のカテゴリを選択してください。
指定なし

頭文字サーチ