バイクワード大辞典

バイクワード大辞典バイク初心者から上級者まで楽しめる用語集を用意しました。当サイト内でわからないバイク用語が出てきたときは、ぜひご利用ください。

水冷エンジン

その名の通りエンジンの冷却を水によって行うエンジンのこと。水といってもただの水ではなく、冷却水とよばれる専用の液体を使用し、冷却を行っている。

水冷エンジンはエンジンの内部に冷却水の通ることのできる通路が設けられており、そこを冷却水が通りながらエンジンの熱を吸収することによってエンジンの冷却を行う。

エンジン冷却の流れとしては、
?エンジンの周りを冷却液が通過し熱を吸収する。
       ↓
?ラジエターを熱された冷却水が通過し、冷却水が冷やされる。
       ↓
?に戻る

を繰り返す事によって、エンジンの温度を常に一定に保つ事が出来ている。またこの水流を生むために「ウォーターポンプ」がついており、ここで生まれた水流で冷却水が循環する。

上記の通り、水冷エンジンの機能は冷却水があってはじめて成り立つものなので、何かしらの原因で冷却水が漏れてしまったり、なくなってしまったりするとエンジンを冷却できなくなってしまう。そのためリザーバータンクと呼ばれる冷却水のタンクの容量は常日頃チェックすることが推奨される。

文字検索

  • カテゴリを選択してのキーワード検索も可能です。その場合は下記のカテゴリを選択してください。
指定なし

頭文字サーチ