バイクワード大辞典

バイクワード大辞典バイク初心者から上級者まで楽しめる用語集を用意しました。当サイト内でわからないバイク用語が出てきたときは、ぜひご利用ください。

カフェレーサー

一般的にビキニカウルやメガホンタイプのマフラー、細長いタンクなど、60年代のイギリスのバイクを意識したカスタム車両の事を言う。
現在ではSRやCB400SS等をベースに、ハンドルをセパハンにしたり、ハーフカウルを装着したりして、カフェレーサースタイルのカスタムを行うユーザーが多い。とはいえネイキッドタイプの車両をベースにすればいかなるバイクでも実現可能なスタイルでもある。

もともとの語源は、50年代〜60年代のイギリスのバイクカスタムスタイルから来ている。イギリスの喫茶店「エースカフェ」に集まるバイク乗りが、自分達のカスタムバイクの品評会を夜な夜な行っていたため、それが理由となり、これらのカスタムバイクを「カフェレーサー」と呼ぶようになった。ちなみに、現在では当時のスタイルに似せたバイクを「カフェレーサー」という様に総称している。車両自体の見た目の原点は、当時のトライアンフなどのバイクをカスタムしたスタイルとなる。

また、一説によると、ジュークボックスの音楽のスタートと同時にレースを始め、その曲が終わる前にカフェに戻ってくるというルールの公道レースをやっていたところから、「レーサー」という名前がついているらしい。

文字検索

  • カテゴリを選択してのキーワード検索も可能です。その場合は下記のカテゴリを選択してください。
指定なし

頭文字サーチ