バイク関連ニュース

バイクメーカーのニュースリリースをはじめとした最新の二輪業界ニュースをどこよりも早くお届けするBBBのバイクニュース!

2019年1月14日 12:29

【ホンダ】オフロード走行専用車CRF110Fを新発売するとともにCRF125Fを全面刷新して発売

  ホンダは、オフロード走行専用車のラインアップ(CRF50F/CRF125F)に、「CRF110F」を新たに追加するとともに、「CRF125F」の扱いやすさと走破性を向上させ、CRF110Fは100台限定、CRF125Fは170台限定で2019年2月1日(金)に発売。

CB1100(ダークネスブラックメタリック)
CRF110F エクストリームレッド(写真は海外仕様車)

  オフロード走行専用車CRF50F/CRF125Fは、力強く扱いやすい特性のエンジンやコンパクトで取り回しやすい車体サイズなどと排気量に応じたラインアップで、初心者をはじめ、ベテランライダーもオフロード走行を楽しめるモデルとした。

  CRF110Fは、CRF50FとCRF125Fの中間モデルとして、CRF50Fからステップアップを目指すユーザーのために、新たにラインアップに追加しました。電子制御燃料噴射装置(PGM-FI)を採用した、力強く扱いやすい出力特性の空冷4ストロークOHC単気筒エンジンを、取り回しやすいサイズの車体に搭載することで、気軽にオフロード走行を楽しめるモデルとしています。また、エンジンの始動方式に、キック式に加えセルフスターターを併設することで、エンジン始動を容易に行える。

  CRF125Fは、より扱いやすい出力特性とするため、電子制御燃料噴射装置を新たに採用。新設計フレームとストローク量を増やしたフロントサスペンションを採用することで、オフロードでの扱いやすさと走破性を向上。

  カラーリングは、両車種ともにHondaのモトクロスマシン「CRF450R」のイメージを踏襲するエクストリームレッドとしている。

CRF125F エクストリームレッド
CRF125F エクストリームレッド(写真は海外仕様車)

販売計画台数(国内・年間)

CRF110F
限定100台

CRF125F
限定170台

メーカー希望小売価格(消費税8%込み)

CRF110F
270,000円(消費税抜本体価格 250,000円)

CRF125F
340,200円(消費税抜本体価格 315,000円)

*価格(リサイクル費用を含む)には保険料・税金(消費税を除く)・登録などに伴う諸費用は含まれておりません
*このCRFシリーズは公道および一般交通の用に供する場所では一切走行ができません。また、登録してナンバープレートを取得することもできません
*走行場所には十分注意してください。私道や林道、河原、海辺などの公共の道路以外の場所でも、人や車が自由に出入りできるところは道路とみなされ、道路交通法および道路運送車両法の違反になります
*CRF110Fは体重45kg未満の方が使用することを目的とした製品です

CRF110Fの主な特徴

■エンジン
・環境性能に優れ、力強く扱いやすい出力特性を実現する電子制御燃料噴射装置を採用。
・エンジン始動を容易にし、不意のエンジン停止時も安心のセルフスターターを採用(キック式併設)。
・操作が容易な、自動遠心式クラッチを採用。

■車体/スタイリング
・新設計バックボーン形式ツインパイプフレームを採用し、CRF50Fからステップアップするユーザーでも扱いやすいコンパクトな車格を実現するとともに、オフロードでの操縦安定性を追求。
・Hondaの最新モトクロスマシンCRF450Rのイメージを踏襲するスタイリングとカラーリング。

■その他
・燃料の残量が少なくなったことを知らせる燃料リザーブインジケーターをメインスイッチ横に装備。
・イグニッションのオン/オフや電子制御燃料噴射装置の異常を知らせるLEDランプをスタータースイッチ部に装備。

CRF125Fの主な特徴

■エンジン
・環境性能に優れ、力強く扱いやすい出力特性を実現する電子制御燃料噴射装置を採用。

■車体/スタイリング
・オフロードでの扱いやすさと走破性を向上させる新設計ダイヤモンド形式ツインパイプフレームとストローク量を増やしたフロントサスペンションを採用。
・Hondaの最新モトクロスマシンCRF450Rのイメージを踏襲するスタイリングとカラーリング。

■その他
・燃料の残量が少なくなったことを知らせる燃料リザーブインジケーターをメインスイッチ横に装備。
・イグニッションのオン/オフや電子制御燃料噴射装置の異常を知らせるLEDランプをスタータースイッチ部に装備。

全車共通の標準装備

・グリップヒーターやABS(アンチロック・ブレーキ・システム)を標準装備。ETC車載器はETC2.0車載器※1にバージョンアップしています。

※1ETC2.0を使用するにあたり、セットアップ、セットアップ費用および決済用のETCカードが必要になります

公式リンクはこちら

【CRF 製品紹介ページ】こちら♪

プレスリリース【本田技研工業】

検索

RSS