バイク関連ニュース

バイクメーカーのニュースリリースをはじめとした最新の二輪業界ニュースをどこよりも早くお届けするBBBのバイクニュース!

2020年9月30日 17:04

【東京/大阪MCS】東京・大阪モーターサイク ルショー2021、二年連続の開催中止を発表

 東京モーターサイクルショー協会は9月28日(月)、(一社)日本二輪車普及安全協会は翌日の29日(火)、新型コロナウイルス感染拡大による影響を踏まえ、2021年に開催予定であった「第48回東京モーターサイクルショー」「第37回大阪モーターサイクルショー」の開催を中止すると発表した。

出展者と来場者の健康と安全を最優先に考えた決断

 東京モーターサイクルショーは年に一度、国内外のメーカーが一同に集結する日本最大のバイクの祭典。新モデルの発表をはじめ、プロライダーによるデモ走行など数多くのイベントが行われ、3日間の開催で10万人を優に超える来場者数が訪れる。大阪MCSも西日本最大のバイクの祭典として、盛り上がりを見せる。

「第48回東京モーターサイクルショー2021」および「第37回大阪モーターサイクルショー2021」の開催は、新型コロナウイルス感染拡大の影響による状況を踏まえ、出展者ならびに来場者の健康と安全を最優先に考慮し中止が決定。

 今年の3月27日(金)~ 29日(日)に東京ビックサイトで開催予定であった「第47回東京MCS」、3月20日(金)~ 22日(日)にインテックス大阪で開催予定であった「第36回大阪MCS」に引き続き、2年連続の開催中止となった。

 2021年は新型コロナウイルスの影響を踏まえ、入場制限などの対策を実施した上で開催されると思われていたが、この時期に早めの決断が下された。「見て、触って、体感する」二輪車の祭典の、2022年の復活がいまから待ち遠しい。

プレスリリース【東京モーターサイクルショー協会・一般社団法人日本二輪車普及安全協会】

検索

RSS