バイク関連ニュース

バイクメーカーのニュースリリースをはじめとした最新の二輪業界ニュースをどこよりも早くお届けするBBBのバイクニュース!

2020年11月16日 14:22

【BMW】ビックボクサー搭載のノスタルジックなモデル「R18 Classic」登場

 BMWモトラッドは10月23日、デジタルワールドプレミアでモダン・クルーザー「R18 Classic」ならびに、新型モデル導入を記念して設定された「R18 Classic First Edition」を2021年に発売すると発表した。

「R18」をベースに開発された「R18 Classic」

 モダン・クルーザー「R18 Classic」は、EICMA2019でプロトタイプが公開され大きな話題を集めた「R18」の派生モデル。「R18 Classic First Edition」は新型モデル導入を記念して設定された、特別仕様となっている。

 1802ccの水平対向2気筒エンジン「ビックボクサー」を搭載し、フレームや足回りは「R18」をベースとしている。また、「Rain」、「Roll」、「Rock」の3つのライディング・モードやエンジン・ドラッグ・トルク・コントロール(MSR)など、最新の電子制御機能も「R18」と同様に標準装備している。

 主な特徴は、取り外し可能な大型ウインドシールドとタンデムシート、ヘッドライト両脇のLEDランプ、サドルバッグを採用した、クラシカルな外観にある。他にも、高速道路走行での疲れを軽減する「クルーズコントロール」を新装備し、ツーリングでの実用性を兼ね備えている。

 さらに、純正アクセサリーパーツが充実しているため、自分好みの1台に作り上げることができるのも魅力となっている。

モデルバリエーション

R18 Classic First Edition

「R18 Classic First Edition」は、2本の白いピンストライプやロゴ、デカール類、クロームオプションなど特徴的なBMWモトラッド伝統のディテールとなっている。

R18 Classic

「R18 Classic」はブラックストームメタリックのボディカラーが、クルーザーらしい伸びやかなシルエットを強調している。

Detail of「 R18 Classic First Edition」

メーターまわり

ライディングモードが大文字で表示される、シンプルなメーター。

シートまわり

脱着可能なパッセンジャーシート。左右には大容量15.5L のサドルバックを搭載。

エンジンまわり

最高出力47.5kW(91hp)を発揮する、プッシュロッドを備えたビッグボクサー。

フットボードまわり

快適なツーリングをサポートする、大型のフットボード。

※主要仕様諸元
 全長:2,440mm 全幅:964mm(ミラー含む) 軸間距離:1,781mm シート高:710mm 車両重量:365kg エンジン型式:空油冷2気筒4ストロークボクサーエンジン 排気量:1802㏄ 定格出力:67kW/4,750rpm 最大トルク:158Nm/3,000rpm クラッチ:乾式単板 フレーム:ダブルクレードルスチールフレーム ブレーキ形式(前/後):ダブルディスクブレーキ/シングルディスクブレーキ タイヤサイズ(前/後):130/90-B16/180/65-B16 ホイール:スポークホイール

発売時期&メーカー希望小売価格

 両モデルの発売時期は2021年。発売価格については未定となっている。

プレスリリース【BMWモトラッド】

検索

RSS