バイク関連ニュース

バイクメーカーのニュースリリースをはじめとした最新の二輪業界ニュースをどこよりも早くお届けするBBBのバイクニュース!

2020年12月15日 16:55

【ヤマハ】新設計のフレームとエンジンを搭載、「TRACER9 ABS/GT ABS」を欧州で発売

 ヤマハ発動機株式会社は11月18日、フルモデルチェンジを行った水冷4ストロークDOHC3気筒4バルブエンジン搭載の「TRACER9 ABS/GT ABS」を、欧州向けに発売すると発表した。「TRACER9 GT ABS」の日本での発売は、2021年春以降を予定。

スポーツツアラー「TRACER9 ABS/GT ABS」

「TRACER9 ABS」は、"Multirole fighter of the Motorcycle"をコンセプトに開発されたスポーツツーリングモデル。スポーツ性能と街乗りやツーリングなどの様々なシチュエーションで使える実用性に磨きがかかっている。

 また、アルミダイキャスト製の新フレームや専用のリアフレーム・アーム、ヤマハ独自の技術"SPINFORGED WHEEL"を用いたホイールなどの軽量パーツを搭載。これらの軽量化技術を織り込むことで、213㎏というクラス最軽量級の車重を実現している。

「TRACER9 GT ABS」は、「TRACER9 ABS」をベースに開発された上級モデル。KYB製前後電子制御サスペンションや夜間走行時にライダーの負担を軽減するコーナリングランプ、シフトダウン対応のQSS(クイックシフトシステム)などを新たに採用し、ツーリングの快適性が向上している。

 両モデルは、機能性・快適性を追求したスタイリングや車体構造、マシンの性能を効率よく引き出すIMUを活用した各種制御システムなどを採用。これらは、スポーツツアラーには欠かせない長距離走行を想定したライディングポジションや運転操作を支援し、心地良い旅をライダーに提供する。

モデルバリエーション&カラーリング

 【TRACER9 ABS】

Vivid Red Solid

Matte Dark Gray Metallic

 【TRACER9 GT ABS】

Bluish White Metallic

※主要諸元 【 】は「TRACER9 GT ABS」
全長:2,175mm 全幅:885mm 全高:1,430mm(フロントスクリーン最高位置の値は1,470mm) 軸間距離:1,500mm シート高(2段階に調節可能):Low810mm / High825mm 車両重量:213kg【220kg】 エンジン型式:水冷4ストローク直列3気筒  弁方式:DOHC・4バルブ 総排気量:890cm3 最高出力:87.5kW〈119PS〉/10,000rpm 最大トルク:93N・m(9.5kgf・m)/7,000rpm タンク容量:18L タイヤサイズ(前 / 後):120/70ZR17M/C(58W)/ 180/55ZR17M/C(73W)

日本導入時期&メーカー希望小売価格

「TRACER9 GT ABS」の日本導入時期は2021年春以降
発売価格については未定となっている。

プレスリリース【ヤマハ発動機株式会社】

検索

RSS