バイク関連ニュース

バイクメーカーのニュースリリースをはじめとした最新の二輪業界ニュースをどこよりも早くお届けするBBBのバイクニュース!

2021年2月22日 12:00

【キムコ】台湾で新車販売台数21 連覇を達成!この間の累計販売台数は驚愕の570万台を突破

 キムコジャパン株式会社は1月28日、台湾二輪市場における2020年の新車販売台数で1位を獲得し、2000年から21連覇を達成したことを発表した。なお、この期間における台湾市場での累計販売台数は、574万3704台に達した。

台湾二輪市場の占有率でトップとなる1/3を誇る

 キムコは2020年に前年比5万524台増の35万915台を販売し、台湾二輪市場占有率で33.9%を記録。5年連続で30万台を上回る年間新車販売台数を達成した。この背景には、2021年から政府補助金削減されることによる、駆け込み需要がある。

 これによって2020年の台湾二輪市場は、前年比13万3000台増の103万5854台と、過去25年における最高値を記録。成長率も14.8%という脅威の数字を残している。

2020年は新車販売台数の9割をガソリン車が占める結果に

 2020年新車販売台数における電動バイクとガソリン車の販売比率を見てみると、電動バイクは10%以下であるのに対し、ガソリン車は90%以上を占めている。2019年の同比率が、90万2302台の新車販売台数に対し電動バイクが18.7%、ガソリン車が81.3%であったことを考えると、昨年いかにガソリン車が売れているかが分かる。

 この変化には、政府による補助金が関係している。電動バイクに対する政府の補助金が1部削減された一方、世界で最も厳しいと言われる「台湾第7期排出ガス規制」をクリアしたガソリン車に対する補助金が支給されていたためである。

 これにより2020年は、電動バイクが前年比6万9000台減の9万9103台と大きなマイナスとなっているのに対し、ガソリン車は前年比20万3000台増の93万6751台と大幅なプラスとなっている。

公式リンクはこちら

http://www.kymcojp.com/

プレスリリース【キムコジャパン株式会社】

検索

RSS