HISTORY ~時代を彩ったバイクたち~

カワサキ AV50の歴史

AE50/1981年

数少ないカワサキの50ccモデルのひとつ。AR50のエンジンを流用し、最大トルクの発生回転数を低く設定。AR50の6速に対し、AE50は5速。トレールモデルという位置づけでは、ホンダMTX50、ヤマハDT50、スズキのハスラー50がライバル。

AR50/1981年

カワサキ初のロードスポーツモデル。パワフルな空冷ピストンリードバルブエンジンは、他社の水冷50ccモデルに劣らないものだった。このエンジンを搭載したのがAE50。1983年にはGPZシリーズをイメージしライトカウルを装備したAR50IIにマイナーチェンジ。

AV50/1982年

2ストのAR50、AE50に対し、カワサキ初の50cc4ストモデル。ゼロハンモデルは歴代でも数少ないが、レジャーバイクというカテゴリーで見ると、このAV50が唯一。ミニアメリカンはヤマハRX50スペシャル、スズキのマメタン、GN50Eもあったが、いずれも2ストモデル。
  • このページはカワサキモータースジャパンのご協力を頂き製作しています

現在掲載中の車両

掲載中の車両は、ありません。

アクセスランキング

総合ランキング

メーカー別ランキング

ホンダ

1.

ホンダ

2.

ホンダ

3.

ヤマハ

1.

ヤマハ

2.

ヤマハ

3.

スズキ

1.

スズキ

2.

スズキ

3.

カワサキ

1.

カワサキ

2.

カワサキ

3.