HISTORY ~時代を彩ったバイクたち~

ヤマハ RZ250Rの歴史

RZ250R(29L)/1983年(昭和58年)

1980年RZ250(4L3)の後継モデルとして1983年に登場。ピストンリードバルブのパラレルツインエンジンを高張力鋼管ダブルクレードルフレームに搭載。YPVSが採用され43psと大幅にパワーアップした。足回りはフロントにアンチノーズダイブ、リアにニューリンクモノクロスを採用。当初はミニカウルを装備していたが、1984年のRZ250RRの登場でカウルなしとなった。1988年の最終型ではデジタル進角CDIを採用し、前後ホイールは17インチの中空3本キャスト。ブレーキはフロントにφ282mmのフローティングディスクがダブルで、リアは φ210mmへと小型化。1990年にクランクケースリードバルブエンジンのR1-Z(3XC)が登場した後も同時にラインアップしていた。

RZ350R(29K)/1983年(昭和58年)

RZ250Rよりも3ヶ月遅れて登場したRZ350R。RZ250Rと共通の車体に、ボアを10mm拡大し347cc、55psとなったエンジンを搭載。パワーウェイトレシオは2.63kg/ps(乾燥重量145kg/出力55ps)を誇り、RZ250・RZ350と比較し格段に向上した性能は強烈な印象を与えた。1984年にはエンジンを改良し、強制開閉キャブ、カウルを装備したRZ350RRが登場。その外観はレーサーTZの印象を強めたものとなった。フロントフェンダーはカウルに合わせた「パワーフェンダー」とし、より空力を考慮した。ミニカウルのRZ350Rも同時にラインアップしたが、1984年で「ナナハンキラー」は販売終了となる。

RZ250RR(29L)/1984年(昭和59年)

2psアップし、250cc上限の45psに。燃焼室形状、圧縮比、排気タイミング、マフラー(チャンバー)、点火時期、キャブセッティング(スロットルバルブは強制開閉に)等が変更されている。フレームマウントのハーフカウル(オプションでアンダーカウルもあり)、アルミ鍛造のセパレートハンドルを装備。メーター類がカウルステーに固定されたことで、ハンドル回りは軽量化された。他車が16インチを採用する中、唯一18インチに拘り続け、安定性の面では他モデル以上だった。ゴロワーズカラーのYSP仕様は2ヶ月遅れの1984年5月にフルカウル、シングルシートを装備して発売された。
  • このページは株式会社ヤマハ発動機のご協力を頂き製作しています

アクセスランキング

総合ランキング

メーカー別ランキング

ホンダ

1.

ホンダ

2.

ホンダ

3.

ヤマハ

1.

ヤマハ

2.

ヤマハ

3.

スズキ

1.

スズキ

2.

スズキ

3.

カワサキ

1.

カワサキ

2.

カワサキ

3.