HISTORY ~時代を彩ったバイクたち~

ヤマハ GSR250F(2017年モデル)の歴史

GSR250/2012年(平成24年)

3タイプのGSRにおいて、最初に登場したのは2012年に発売されたネイキッドモデル「GSR250」。3タイプの中では最もハンドルが低く遠めとなっているので、最もハンドルが高く近めの「GSR250S(2013年発売)」と乗り比べると、乗車姿勢の違いが明確に分かる。その中間のポジションが、「GSR250F(2014年発売)」。

GSR250S/2013年(平成25年)

「GSR250」が発売された翌年の2013年、ハーフカウルを装備した「GSR250S」が登場。GSR250よりもハンドルが約48mm高く、約66mm手前。「GSR250F(2014年発売)」よりもスクリーンが49mm高く、ハンドルも24mm高い。見た目の違いだけではなく、ライディングポジションもそれぞれ違う味付けとなっている。
  • このページは株式会社ヤマハ発動機のご協力を頂き製作しています

アクセスランキング

総合ランキング

メーカー別ランキング

ホンダ

ホンダ

ホンダ

ヤマハ

ヤマハ

スズキ

スズキ

スズキ

カワサキ

カワサキ

カワサキ