HISTORY ~時代を彩ったバイクたち~

スズキ SV650X ABS(2018年モデル)の基本情報

ミドルクラスのカフェレーサースタイルモデル「SV650X ABS」

2018年に登場した「SV650X ABS(以下、SV650X)」。ベースとなったモデルは「SV650 ABS(以下、SV650)」。どこが違うかは、見比べるまでもなく、もう一目瞭然だろう。ベースモデルの面影をしっかりと残しながらも各部に手が入れられ、カフェレーサースタイルのネオレトロモデルとして仕上げられているのがSV650Xだ。

外観上の主な違いは、左右のスリットがアクセントになっているヘッドライトカウル、低く戦闘的なライディングポジションを生み出すとともにカフェレーサースタイルを強調しているセパレートハンドル、立体感のある仕上がりとなっているタックロールシート。SV650とSV650Xに跨ってみると分かると思うが、ライディングポジションの変化は大きく、SV650Xはコーナリング時に腕でタンクがホールドしやすいハンドルの高さとなっている。

外観上の主な違いは、左右のスリットがアクセントになっているヘッドライトカウル、低く戦闘的なライディングポジションを生み出すとともにカフェレーサースタイルを強調しているセパレートハンドル、立体感のある仕上がりとなっているタックロールシート。SV650とSV650Xに跨ってみると分かると思うが、ライディングポジションの変化は大きく、SV650Xはコーナリング時に腕でタンクがホールドしやすいハンドルの高さとなっている。

低く構えたハンドルからスパルタンなイメージを持つかもしれないが、発進時や低回転走行時にエンジン回転数をわずかに上げてサポートする「ローRPMアシスト」が採用されているので、渋滞の中でも操作にさほど気は使わない。ほか、ワンプッシュでエンジンが始動する「スズキイージースタートシステム」の採用、ネーミングからも分かるようにブレーキの効きをコントロールして車輪のロックを一定範囲内で防ぐ「ABS」が標準装備されている。

スーパースポーツでもない、たんなるネイキッドでもない。独特の価値観を持つネオレトロなカフェレーサーモデルSV650X。ミドルクラスで人と違うモデルを探しているなら、候補に入れておきたい1台だ。

  • このページはスズキ株式会社とモーターマガジン社のご協力を頂き製作しています

現在掲載中のスズキ SV650X ABS

掲載中の車両は、ありません。

アクセスランキング

総合ランキング

メーカー別ランキング

ホンダ

ホンダ

ヤマハ

ヤマハ

ヤマハ

スズキ

スズキ

スズキ

カワサキ

カワサキ