HISTORY ~時代を彩ったバイクたち~

ホンダ スティード400VLSの歴史

スティード400(NC26)/1988年(昭和63年)

国産アメリカン、カスタムベースの代名詞とも言えるスティードシリーズ。当初はティラーバーとフラットバーの2種類のハンドル形状で登場。1990年にはシートバックを装備し、1993年にはタンクを9リットルから11リットルへ大容量化。1995年にはスタンダードモデルが分割され、シーシーバーなど装備が充実した豪華モデルのVLXと、シンプルなベーシックモデルVCLに。1996年1月にはボブテイルタイプのリアフェンダーやリアにディッシュホイールを採用したVSEを追加し、合計3つのバリエーションとなった。1997年3月にはクラシックスタイルのシャドウ400(NC34)が登場するものの、1998年のVLSの追加などでスティードもしばらくは併売され、2001年2月のマイナーチャンジでエアインダクションシステムとワイドハンドルを採用。これを最後に2004年で16年の歴史に幕を下ろした。兄弟車のスティード600(PC21)は1997年までのラインアップ。

スティード400VLS(NC37)/1998年(平成10年)

1997年のシャドウ400(NC34)をはじめとして、各メーカーともにディープフェンダー&太いタイヤを採用したクラシックスタイルのモデルを展開していくなか、フロントにハーレーダビッドソンのFXSTSやFLSTSを思わせるスプリンガーフォークを採用したスティード400VLSが登場。「VLX」比でホイールベースは20mm長く、サスで10mm、シートで20mmローダウンさせることで、ロー&ロングを強調。リアは15インチで共通だが、フロントホイールは19インチから21インチへと大径化。タンクはやや小型化され(11リットル→9.7リットル)、ミグ溶接による底板の合わせにフランジのない構造とした。乾燥重量で8kg重くなったものの、乗り心地や操縦性はスポイルされていない。他メーカーにはないスプリンガーフォークモデルで、カスタム感が強いモデルだったが、わずか3年でラインアップから外れ、スタンダードモデルのみとなった。
  • このページは本田技研工業株式会社のご協力を頂き製作しています

アクセスランキング

総合ランキング

メーカー別ランキング

ホンダ

1.

ホンダ

2.

ホンダ

3.

ヤマハ

1.

ヤマハ

2.

ヤマハ

3.

スズキ

1.

スズキ

2.

スズキ

3.

カワサキ

1.

カワサキ

2.

カワサキ

3.