HISTORY ~時代を彩ったバイクたち~

カワサキ スーパーシェルパの歴史

KLX250SR(LX250E)/1993年(平成7年)

ビッグエンデューロKLX650を、まるで日本向けにスケールダウンさせたようなスタイリングで登場したKLX250SR(LX250E)。レーサーKLX250Rと双生児モデルだけあって、ペリメーターフレームにメッキシリンダー採用の完全新設計水冷DOHCエンジンを搭載し、16段階減衰力調整可能なφ43mm倒立フォークを採用するなどレーサー同様の仕様を誇る。1994年にはセル、正立フォークを採用したKLX250ESも登場。1998年にはこの2モデルが統合されモデルチェンジ。車名がKLX250となる。2008年4月にはフルモデルチェンジ(LX250S)。キャブからインジェクション化され、各装備も充実化が図られた。1997年に初登場したDトラッカー(LX250E)も同様にフルモデルチェンジし、車名がDトラッカーX(LX250V)に変更となっている。兄弟モデルKLX300のパーツを流用したカスタムは定番。

スーパーシェルパ(KL250G)/1997年5月(平成11年)

KLX250SR/ES(LX250E)の水冷エンジンをベースに空冷化。30ps/8500rpmから26ps/8000rpmにダウンしているが、低中速重視のセッティングとなっている。フレームはスーパーシェルパ専用に開発されたセミダブルクレードルフレームで、810mmのシート高は同時期に登場したSL230やセロー225WEと同じだ。当初は左右非対称グラフィックや、ダウンフェンダー仕様も選択可能だったが、1998年にはアップフェンダーのみに。φ36mmのフロントフォーク、前21/後18インチのアルミホイール、アルミスイングアーム&ユニトラックサス、多機能液晶デジタルメーター、60/55wの角型ヘッドライト、前後ディスクブレーキ、アンダーガードなどの基本性能は初代から継承。2000年でKCA(排ガス再燃焼促進機構)とKLEEN(有害物質低減パイプ触媒)を採用し、新排ガス&騒音規制に適合した。2006年12月発売(2007年モデル)で終了となる。
  • このページはカワサキモータースジャパンのご協力を頂き製作しています

アクセスランキング

総合ランキング

メーカー別ランキング

ホンダ

1.

ホンダ

2.

ホンダ

3.

ヤマハ

1.

ヤマハ

2.

ヤマハ

3.

スズキ

1.

スズキ

2.

スズキ

3.

カワサキ

1.

カワサキ

2.

カワサキ

3.