HISTORY ~時代を彩ったバイクたち~

ホンダ CRF1000L Africa Twin(2016年モデル)の歴史

CRF1000L Africa Twin/2016年(平成28年)

スタンダードのABSタイプも、DCTタイプも、ボディカラーは「デジタルシルバーメタリック」「ヴィクトリーレッド」「パールグレアホワイト」の3色を用意。価格には違いがあり、「ヴィクトリーレッド」「パールグレアホワイト」の2色はは「デジタルシルバーメタリック」より税込3万2400円高くなっている。(写真はDCTタイプのヴィクトリーレッド)

CRF1000L Africa Twin/2017年(平成29年)

デビューの翌年、国内の排出ガス規制適合モデルとするとともに、ボディカラーに、キャンディカラー独特の艶やかさのある「キャンディープロミネンスレッド」を追加。ホワイトも配色されている「ヴィクトリーレッド」とはまたひと味違う、精悍さがプラスされたボディカラーだ。
  • このページは本田技研工業株式会社のご協力を頂き製作しています

アクセスランキング

総合ランキング

メーカー別ランキング

ホンダ

ホンダ

ヤマハ

スズキ

カワサキ

カワサキ