HISTORY ~時代を彩ったバイクたち~

ホンダ NS50Fエアロ(1987年モデル)の基本情報

NSR50と人気を2分したフルサイズのロードスポーツモデル「NS50Fエアロ」

1980年代後半から1990年代にかけ、原付一種のスポーツモデルで人気を博していたのがコンパクトなボディの「NSR50」。これとほぼ同時期に発売され、NSRと人気を2分していたのがフルサイズのボディを持つロードスポーツモデル「NS50Fエアロ」。

エアロというネーミングから想像できるように、カウルはタンクの隙間をうめるような「CBR250R(MC17)」のフルカバード・フェアリングを連想させるデザイン。カラーリングは「NSR250R(MC16)」を彷彿とさせるもの。当時の人気モデルのイイトコ取りをしたようなモデルだ。

もちろん、見た目だけのモデルではない。フロントに油圧式のディスクブレーキ、前後ホイールは軽量・高剛性のキャストホイール、タイヤには幅広タイプを採用。エンジンも、7.2PS/8000rpmの最高出力を発生するパワー感溢れる水冷2ストローク単気筒。走りの面でNSR50となんら遜色のないものとなっていた。実際、当時のミニバイクレースでは、NSR50とともにNS50Fもよく使われていたのがその証拠だ。

乗り味は、とにかく軽快。パワフルなエンジンに軽くてスリムなボディが組み合わさり、スロットル操作ひとつでヒラヒラと自在に扱える。フルサイズなので、切り返しなどではカラダを左右に動かす量が大きくなるが、それが逆に「スポーツしている」という実感につながるのだから、不思議なものだ。

  • このページは本田技研工業株式会社のご協力を頂き製作しています

現在掲載中の車両

掲載中の車両は、ありません。

アクセスランキング

総合ランキング

メーカー別ランキング

ホンダ

ホンダ

ヤマハ

ヤマハ

ヤマハ

スズキ

スズキ

スズキ

カワサキ

カワサキ