HISTORY ~時代を彩ったバイクたち~

ホンダ CB1100(2010年モデル)の基本情報

気品さえ感じる冷却フィン。細部まで造形美を追求した1台。「CB1100」

2010年に登場した「CB1100」は、『こだわりを持った大人の価値観に見合うロードスポーツモデル』として開発され、『鷹揚』をキーワードに、『味わいのある走り』『操ることの喜び』『所有することの喜び』を具現化したモデル。

ホンダが『造形美を追求した』というだけあり、細部に至るまで美しさのある仕上がりが特徴だ。特に空冷エンジンならではの冷却フィンは、2mmと薄く作れらており、実際にみると実に美しい。また、2017年には、「CB1100EX」「CB1100RS」にフランジレスフューエルタンクを採用。一見しただけでは違いが分からないかも知れないが、タンク下部のフランジがあるのとないのとでは、感じられる『質』が違う。

エンジンは、空冷・4ストローク・DOHC・直列4気筒の1140cc。電子制御燃料噴射装置(PGM-FI)によって全回転域で扱いやすい特性となっているが、中でも低中回転域でトルク感を持たせてあるので、常用域でキビキビと走ることができる。また、ハンドルタイプは、アップライトな姿勢で乗ることのできる「Type I」、Type Iに比べて30mm低く23mm前方、幅を40mm狭くしたスポーティなライディングポジションのとれる「Type II」の2種類が用意された。

タイプ設定が豊富で、2014年には2本出しマフラーやワイヤースポークホイールを採用した「CB1100 EX」、2017年には17インチホイールの「CB1100 RS」が追加されている。このほか、2011年の「CB1100<Type I>ABS・Special Edition

」、2014年の「CB1100 EX<ABS> E Package」などをはじめ、バリエーションモデルも多い。

いかにもバイクというオーソドックスなスタイルだが、個性が各部にキラリと光る。CB1100は、見た目の派手さだけが個性ではない、ということを教えてくれる1台だ。

  • このページは本田技研工業株式会社のご協力を頂き製作しています

アクセスランキング

総合ランキング

メーカー別ランキング

ホンダ

ホンダ

ホンダ

ヤマハ

ヤマハ

ヤマハ

スズキ

スズキ

カワサキ