HISTORY ~時代を彩ったバイクたち~

スズキ ジクサー250(2020年モデル)の基本情報

新開発の油冷エンジンを搭載したネキッドモデル「ジクサー250」

スズキである。油冷エンジンである。油冷エンジンを知るスズキファンには、これ以上の説明は必要ないかもしれないが、新開発の油冷エンジンを搭載して2020年に登場したのが「ジクサー250」と「ジクサーSF250」。

この新開発された油冷エンジンは、従来の燃焼室の上からエンジンオイルを噴射して冷却するというシステムではなく、新しい冷却方式「SOCS(Suzuki Oil Cooling System)」を採用。これは、燃焼室の外周にエンジンオイルの通路を設け、そこにオイルを流して冷却するというもの。燃焼効率の向上、軽量化及びフリクションロス低減が図れる新システムにより、高回転・高出力の特性に加え、優れた燃費性能をも実現している。

ジクサー250はネイキッドモデルで、ヘッドライトからタンクにかけての一体感や、ボリューム感のあるタンクとスリムなシートからなる抑揚のあるデザイン。ゴツすぎず、細すぎない、ボディ。シート高は800mmと高めだが、足つき性は数字ほどの高さは感じない。

乗車姿勢はアップライト。154kgと軽めの車両重量と相まって、バイクから降りて取り回す時や、街なかでの走行などでとても扱いやすい。ネイキッドモデルを探しているなら、候補に入れておきたい1台だ。

  • このページはスズキ株式会社とモーターマガジン社のご協力を頂き製作しています

現在掲載中のスズキ ジクサー250

掲載中の車両は、ありません。

アクセスランキング

総合ランキング

メーカー別ランキング

ホンダ

ホンダ

ホンダ

ヤマハ

ヤマハ

スズキ

スズキ

カワサキ

カワサキ