HISTORY ~時代を彩ったバイクたち~

スズキ ジクサーSF250(2020年モデル)の基本情報

油冷エンジンはスズキの代名詞? 新開発の油冷エンジン搭載「ジクサーSF250」

スズキファンなら『スズキといえば油冷エンジン』と答える人は少なくないだろう。しかし、その歴史は「GSX1400」を最後に途切れていた。だが、2020年発売の「ジクサーSF250」「ジクサー250」によって復活した。

両車とも、搭載するのは新開発の油冷249cc単気筒エンジン。従来の、燃焼室の上からエンジンオイルを噴射して冷却するというシステムではなく、新しい冷却方式「SOCS(Suzuki Oil Cooling System)」を採用。これは、燃焼室の外周にエンジンオイルの通路を設け、そこにオイルを流して冷却するというもの。燃焼効率の向上、軽量化及びフリクションロス低減が図れる新システムにより、高回転・高出力の特性に加え、優れた燃費性能をも実現している。

新開発の油冷エンジンを搭載したモデルのうち、ジクサーSF250はフルカウルモデル。スポーティな外観に合わせてセパレートハンドルが装備されており、乗車姿勢はネイキッドモデルのジクサー250に比べて前傾となっている。車両重量はジクサー250よりも4kg重い158kgだが、取り回しや走行において、その4kgの違いを感じることはまずないはずだ。また、ワインディングを走った時などにはヒラヒラ感を充分に感じることができ、ライトウェイトスポーツで走ることの楽しさを味わえる。

シート高はともに800mm。数字だけ見ると高く感じるかもしれないが、またがってみるとボディはスリムなので数字ほどの高さは感じないものの、それでもやはり小柄な人だと不安が残るという人はいるだろう。ただ、ボディは軽いので、例え爪先立ちになっても大型バイクのようなグラっときたらアウトということは少ないように思う。ボディカラーは「マットプラチナシルバーメタリックNo.2」「トリトンブルーメタリック」「マットブラックメタリックNo.2」の3色が用意されている。

  • このページはスズキ株式会社とモーターマガジン社のご協力を頂き製作しています

現在掲載中のスズキ ジクサーSF250

掲載中の車両は、ありません。

アクセスランキング

総合ランキング

メーカー別ランキング

ホンダ

ホンダ

ホンダ

ヤマハ

ヤマハ

ヤマハ

スズキ

カワサキ

カワサキ

カワサキ