HISTORY ~時代を彩ったバイクたち~

ヤマハ マジェスティS(SG52J)(2018)の基本情報

装備を充実させ、平成28年排出ガス規制にも適合「マジェスティS(SG52J)」

2013年に登場した「マジェスティS(SG28J)」。排気量は155cc、全長2030mm。ほど良いパワーと軽二輪スクーターとしてはコンパクトなボディで、登場して間もなく人気モデルの仲間入りを果たした。それから4年後の2017年10月に登場した2018年モデルは、マイナーチェンジを受け、型式も変更。「マジェスティS(SG52J)」となった。

前モデルとの相違点は、まず、平成28年排出ガス規制適合モデルとなったこと。燃費消費率はWMTCモード(クラス2、サブクラス2-1)で37.1km/リットルと0.4kmほど伸びている。ただ、実際に走ると走行条件やストッロル開度などによりリッター当たりの走行距離は変わるので、このぐらいの違いであれば、大きな差として感じることはないだろう。

他の主な変更点としては、ヘッドライトやポジションランプにLEDを採用。新デザインのフロント外装カバー。12VのDC電源ジャックの採用が挙げられる。また、欧州仕様のフロントサスペンション、スポーティな3連メーター、約2.6リットルのフロントポケットなども特徴的だ。ボディカラーは「シルキーホワイト(ホワイト)」「マットダークブルーイッシュグレーメタリック3(マットダークグレー)」「ブラックメタリックX(ブラック)」「ディープパープリッシュブルーメタリックC(ブルー)」の4色展開となっている。

数年前から、150cc前後の軽二輪スクーターが人気となっているが、実際乗ってみると、その使い勝手の良さを実感できる。パワー感、軽さ、小さすぎず大きすぎずのサイズ感など、シティコミューターとして捉えた場合、どれも文句なし。ちょっとした街乗りが主体なら、このクラスのスクーターは間違いなくおすすめだ。

  • このページは株式会社ヤマハ発動機のご協力を頂き製作しています

現在掲載中のヤマハ マジェスティS(SG52J)

掲載中の車両は、ありません。

アクセスランキング

総合ランキング

メーカー別ランキング

ホンダ

ホンダ

ヤマハ

ヤマハ

スズキ

スズキ

スズキ

カワサキ

カワサキ

カワサキ