HISTORY ~時代を彩ったバイクたち~

スズキ RG500ガンマの歴史

RG500ガンマ/1984年

輸出用としてデビュー。WGPレーサー「RG-Γ」と同じ「スクエア4・ロータリ-ディスクバルブ」エンジンを搭載。156Kgという軽量なボディに95馬力を発生するエンジンを搭載し、周囲を驚かせた。

RG400ガンマ/1985年2月

国内向けに登場。当時、主流であった「中型免許」で乗れるようにスケールダウン。同じ正方形にシリンダーを配置した「スクエア4」エンジンをはじめとして、基本レイアウトはRG500Γと共通である。

/1985年4月

市場のニーズにこたえ、RG500ガンマの国内仕様がデビュー。当時、国内最大級の2ストローク500ccエンジンを搭載したものの、馬力規制により64馬力に抑えられている。

/1985年7月

RG400ガンマに全日本ロードレースのスズキワークスが身にまとっていたウォールターウルフのカラーリングを採用。アルミのダブルクレードルフレームに搭載した、排気デバイスSAEC装備のエンジン構成には変更なし

/1985年9月

RG500ガンマにネイビーとレッドの配色が美しい、ウォルターウルフカラーを採用。RG400Γにも採用されたが、デザインは変更されている。

/1986年2月

RG400ガンマにプッシュキャンセル式のウインカーとスタンド警告等を採用。シルバーメタリックのウォルターウルフ・カラーも採用された。

/1986年4月

RG400ガンマのウォルターウルフのカラーリングを変更。ホイールの色が「ゴールド」から「レッド」に変更となり、同じウォルターウルフでも新鮮味を出している。

/1986年6月

RG500ガンマがRG400ガンマと同様、サイドカウルにサインが入るなど、ウォルターウルフのカラーリングを変更。シングルシートはカバー状になっており、タンデムシートと換装すれば2人乗りも可能だった。
  • このページはスズキ株式会社とモーターマガジン社のご協力を頂き製作しています

アクセスランキング

総合ランキング

メーカー別ランキング

ホンダ

1.

ホンダ

2.

ホンダ

3.

ヤマハ

1.

ヤマハ

2.

ヤマハ

3.

スズキ

1.

スズキ

2.

スズキ

3.

カワサキ

1.

カワサキ

2.

カワサキ

3.