HISTORY ~時代を彩ったバイクたち~

ホンダ ブロス400の歴史

ブロス650(プロダクト1)/1988年

多気筒とシングルの長所を生かせる水冷Vツインエンジンを採用。さらに、アルミフレーム、プロアーム、短く太いショットガンマフラーを盛り込んだ。650ccのエンジンを積んだモデルがプロダクト1だ。

ブロス400(プロダクト2)/1988年

400ccのエンジンを積んだモデルがプロダクト2。ハンドルはプロダクト1同様、セミアップとローポジションの2タイプを設定。

/1990年

3次元マップコントロールのPGMイグニッションを採用し、全回転域に渡って出力特性、レスポンスを改善。足回りは、前後で3kgの軽量化を達成し(ホイール形状変更)、サスセッティングの変更で乗り心地を向上させた。その他、フロントフェンダー、ラジエターカバーのデザイン変更、新型ウィンカーの採用、カラー変更など、マイナーチェンジが行われた。
  • このページは本田技研工業株式会社のご協力を頂き製作しています

アクセスランキング

総合ランキング

メーカー別ランキング

ホンダ

1.

ホンダ

2.

ホンダ

3.

ヤマハ

1.

ヤマハ

2.

ヤマハ

3.

スズキ

1.

スズキ

2.

スズキ

3.

カワサキ

1.

カワサキ

2.

カワサキ

3.