HISTORY ~時代を彩ったバイクたち~

スズキ GSX400インパルスの歴史

/1994年2月

GSX400Sのトルクフルな水冷4サイクルDOHC4気筒をリファインして搭載し、「インパルス」の名を復活させた「GSX400インパルス」が登場。オーソドックスなスタイルだが足回りの完成度が高く、コストパフォーマンスは高い。

/1995年2月

バッテリーの搭載位置を見直してシート下のユーティリティー・スペースを確保。また、ハザードランプを追加し、「Impulse」のエンブレムがタンクに移動し立体化された。

/1996年2月

センタースタンドが標準装備となり、足着き性も、シートの見直しやサイドカバーの形状変更により向上。スイッチ類も見直され、使い勝手が更に向上している。

/1996年6月

スズキ車を中心としたコンストラクターとして有名なヨシムラのイメージカラーとも言えるカラー「レッド・ブラック」が追加。車体色に合わせリヤショック・スプリングも赤になるが性能は同じである。

/1996年12月

同じ 「レッド・ブラック」だが、タンクにスズキの「Sマーク」が追加され、サイドカバーはブラック単色に。フロントフォークのボトムケースには「KYB(カヤバ)」のロゴが追加された。

/1999年7月

最後のマイナーチェンジ。フロント・ブレーキにブレンボの4ポットキャリパー、ヘッドライトにマルチリフレクター・ライトを採用。また、対向車・歩行者から見えやすいように「ランニングランプ(左右フロントウインカーが走行時に常時点灯)」を採用したり、エンジン始動時にヘッドライトが自動的に消える省電力機構を採用するなど安全面、経済面でも進化している。
  • このページはスズキ株式会社とモーターマガジン社のご協力を頂き製作しています

アクセスランキング

総合ランキング

メーカー別ランキング

ホンダ

1.

ホンダ

2.

ホンダ

3.

ヤマハ

1.

ヤマハ

2.

ヤマハ

3.

スズキ

1.

スズキ

2.

スズキ

3.

カワサキ

1.

カワサキ

2.

カワサキ

3.