SV1000の概要|No:020||中古バイク情報はBBB

スズキ(SUZUKI) SV1000

historyfileNo:020

国内モデルで唯一のリッターVツインスポーツモデルとなった「SV1000/S(VT54A)」

リッタークラスのスポーツモデルというと4気筒モデルが主流だが、スーパーバイク選手権で4気筒が750ccまで、2気筒が1000ccまでというレギュレーションの中(2003年まで)、Vツインのドゥカティが活躍。そういった状況で、ホンダがVTR1000F・ファイアーストーム、スズキがTL1000SといったリッターVツインスポーツを発売させたのが1997年となる。これらのスーパーバイクレース参戦バージョンとして登場したのが、ホンダのVTR1000SP-1やスズキのTL1000Rとなり、実際、2000年と2002年にはドゥカティを押さえてVTR1000SPが優勝を果たすなど、国内Vツインモデルの活躍も見られた。

しかし、日本での販売状況や人気というと今ひとつで、VTR1000Fは2003年までで、その後は輸出モデルのみ。TL1000Sも2000年までだったが、2003年に後継モデルとして登場したのがSV1000・SV1000Sとなる。もともと、「SV」の名は1998年のSV400・SV400S、1999年のSV650・SV650Sからスタートしたものだが、これらの丸味を帯びたデザインとは異なり、SV1000・SV1000Sは角調のデザインに変更され、TL1000Sのエンジンをベースとしながらも、車体・足回り関係は一新されている。

ギヤ駆動とチェーン駆動を組み合わせた「セミカムギヤトレイン」を採用することで、シリンダーヘッドのコンパクト化を実現したエンジンは、形状を変更したトラス構造のアルミフレームに搭載される。倒立フォーク&リアのロータリーダンパーという組み合わせだった足回りも、正立フォーク&ボトムリンク式リアサスに変更された。同系エンジンは輸出モデルのDL1000Vストロームにも採用されるものの、その後、ノンカウルのSV1000は廃止され、ハーフカウルを装着したSV1000Sのみがラインナップ。唯一のリッターVツインとなってしまった。4気筒ばかりでなくVツインスポーツを選択肢に残し続けたことにスズキの意欲を感じるモデルといえる。

※このページはスズキ株式会社とモーターマガジン社のご協力を頂き製作しています

ヒストリーにリクエストしよう!

まだ掲載されていない自分の好きな車種をリクエスト!どんどん投票しよう!

リクエストページを表示