400Xの概要|No:316||中古バイク情報はBBB

ホンダ(HONDA) 400X

historyfileNo:316

どこにいく?どこでも!のオールラウンドマシン「400X」

2013年に登場した「400X」「CBR400R」「CB400F」は、『最新のデザイン(スタイリング)トレンドを採用』『お客様が求めている「楽なポジション」「気負わず乗れる、使い勝手の良さ」』『お求めやすい価格』という“New FUNdamental Concept”に基づいて製作されたモデル。ともに新開発の水冷・4ストローク・DOHC・直列2気筒400ccエンジンを搭載し、共通パーツも多い。こう聞くと、外装だけが違う同じマシン?と思うかも知れないが、ちゃんとそれぞれの特性に合わせたセッティングが施されている。

3モデルのうち「400X」は、オンロードとオフロードを融合した「クロスオーバーコンセプト」として製作された機種。そのコンセプトの通りに、街なかから郊外、オフロードまでオールラウンドにこなす実力を持つ。

走りとしては、積極的に高回転域を使って走るというものではなく、低中速域に振り気味にしてあるエンジン特性を活かして、ほどよいペースで走るのに適している。実際、走ってみると、高めのハンドルによる直立過ぎない自然な前傾姿勢が保て、パワーも乱暴ではないので「扱いやすそう」というのが実感できるはずだ。ハンドリングにクイックさやシャープさはないものの、非常に素直。この扱いやすさ感もあり、3機種の中ではシート高が一番高いのだが、十分な安心感と安定感が得られる。

上のクラスには、同様のデザインを持つ「NC700X」「NC750X」「VFR1200X」があるが、さすがに排気量が小さいだけにサイズ・重量ともに「400X」のほうがコンパクト。大型二輪免許を持つ人でも、カラダの大きくない人や、よりのんびり楽しみたい人、運転にあまり自信のない人なら、上のクラスに固執せず「400X」を一度試してみることをおすすめする。

※このページは本田技研工業株式会社のご協力を頂き製作しています

ヒストリーにリクエストしよう!

まだ掲載されていない自分の好きな車種をリクエスト!どんどん投票しよう!

リクエストページを表示