HISTORY ~時代を彩ったバイクたち~

ホンダ SHADOW Phantom750(2009年モデル)の基本情報

ワイルド気分に浸りたいなら、コレ。ブラック&マットがクールな「シャドウ ファントム750」

ワイルドに、クールに、アメリカンでキメたい。そんなワガママに応えるモデル、それが「シャドウ ファントム750(以降シャドウファントム)」。

「シャドウ」というと、イメージとしてはクラシカルな雰囲気のアメリカンクルーザーだが、シャドウファントムは、それとは全く違うスタイルを持つ。全身ブラックで、シリンダーヘッドやレバー類、ボトムケースなどにはマット仕上げを採用。前後のフェンダーは短くカットされ、シートはダブルシート。ショートタイプのハンドルバー。シャドウと並べると、同じシャドウの名前を持つモデルとは思えないほどの違いがあり、シャドウファントムのワイルドでクールなスタイリングが際立つ。

実物を見たことのある人なら分かると思うが、ボディはコンパクト。知らずにいたら400ccと思う人がいてもおかしくない、というほどのサイズ感だ。実際、「シャドウクラシック400」のほうが、105mmも全長が長い。シート高も、シャドウクラシック400よりも10mm低い650mm。160cm以下の人でも、不安感なく乗れるのではないかと思うようなボディサイズだ。

エンジンは、745ccのV型2気筒。リッター超えのVツインモデルがいくつもあるので、決して大きな部類ではないが、鼓動感やトルク感はシッカリある。暴力的な加速感はなくとも、押し出されるような加速感が味わえるので、「750のVツイン?」と冷ややかに見ている人にも一度体験してもらいたい。

最新技術が随所に盛り込まれたモデルではないが、バイクを楽しむ、という点においては「面白いよ」とオススメできる1台だ。

  • このページは本田技研工業株式会社のご協力を頂き製作しています

現在掲載中の車両

掲載中の車両は、ありません。

アクセスランキング

総合ランキング

メーカー別ランキング

ホンダ

ホンダ

ヤマハ

ヤマハ

ヤマハ

スズキ

スズキ

スズキ

カワサキ

カワサキ

カワサキ