HISTORY ~時代を彩ったバイクたち~

ホンダ NM4-02(2014年モデル)の基本情報

ユーティリティボックスに荷物をポン。近未来ツーリングモデル? 「NM4-02」

「近未来」と「COOL」が開発テーマで、他のバイクとは一線を画すスタイリングを持つ「NM4」。タイプは2種類あり、リアがスッキリまとまっているのが「NM4-01」。リアに左右それぞれ7.5リットルのユーティリティボックスを備えたモデルが「NM4-02」。

両モデルとも基本構成は同じで、搭載するエンジンは水冷・4ストローク・直列2気筒745cc。トランスミッションはDCT(デュアル・クラッチ・トランスミッション)で、シフトスイッチで変速可能な「MTモード」、自動的に変速する「ATモード(DモードとSモードの2種類)」、この3モードの中から任意に選んで走ることができる。また、両モデルともブレーキはABSが標準装備されている。

デザイン上の大きな特徴は、「フロントマッシブスタイリング」と「コックピットポジション」。ミラーやウインカーも組み込まれた大型フェアリングが生み出す塊感。低いシート、足を投げ出したライディングポジション、リアシートも兼ねるバックレスト、メーターとスクリーン越しに見る前方の状況などが生み出すコクピット感。

走りもデザインも未来感溢れるNM4。「NM4-01」と「NM4-02」の違いはユーティリティボックスのほか、ETC、5段階の温度調節が可能なグリップヒーターが「NM4-02」の専用装備となっている。

ユーティリティボックスは片側7.5リットルなので、そう大きくはないが、コンパクトにまとめた1泊程度の荷物は充分に入る。気が向いた時に荷物をボックスにポンと入れ、ふらっとツーリング。ETCも標準装備なので、そんな楽しみ方のできる1台だ。

  • このページは本田技研工業株式会社のご協力を頂き製作しています

現在掲載中の車両

アクセスランキング

総合ランキング

メーカー別ランキング

ホンダ

ホンダ

ホンダ

ヤマハ

ヤマハ

スズキ

カワサキ

カワサキ