HISTORY ~時代を彩ったバイクたち~

ホンダ NC750S(RC70)(2014年モデル)の基本情報

669ccから745ccへ。76ccの差が生む余裕「NC750S(RC70)」

「市街地走行やツーリングなどの常用域で扱いやすい」「快適で味わい深く燃費性能に優れたミドルクラスのモーターサイクルをお求めやすい価格で提供したい」という『ニューミッドコンセプト』に基づいて2012年に登場した、エンジン、フレーム、ホイールが共通の兄弟車種「NC700S」「NC700X」「インテグラ」。2014年にフルモデルチェンジ(FMC)を受け、750ccモデルとして登場した。その中のネイキッドモデルがNC750S。

3モデルに共通の669ccの水冷4ストローク直列2気筒エンジンは、ボア×ストロークが77mm×80mmと、ボアを4mm拡大。最高出力は4PSアップの54PSに、最大トルクは0.7kgf・mアップの6.9kgf・mへと、それぞれ上がっている。車両重量は214kgと3kg増えたものの、60km/h定地走行テスト値でリッターあたり42.5kmと、1km向上。また、270°位相クランクによる不等間隔爆発と1軸1次バランサーが採用されていた700ccモデルだが、750ccモデルでは2軸バランサーに変更され、さらに振動が抑えられている。デュアル・クラッチ・トランスミッションモデルはセッティングの熟成が図られ、これまでよりもエンジンの低中速域の力強さを活かした変速特性に変更。低中速域を多用する街乗りなどの場面で、乗りやすくなっている。パワーアップして燃費性能や快適性も向上するなど、前モデルの669ccから745ccへと76ccの違いだが、大きな余裕を生み出しているのが750ccモデルだ。

そのほか、メーターに燃費系の採用、ギアポジション表示機能(マニュアルトランスミッションタイプ)など、性能やメカニズム面だけではなく、2014年のFMCでは装備面での充実も図られている。

バリエーションは、「NC750S」「NC750S<ABS>」「NC750S Dual Clutch Transmission<ABS>」の3タイプ。

  • このページは本田技研工業株式会社のご協力を頂き製作しています

現在掲載中のホンダ NC750S(RC70)

掲載中の車両は、ありません。

アクセスランキング

総合ランキング

メーカー別ランキング

ホンダ

ホンダ

ホンダ

ヤマハ

ヤマハ

スズキ

スズキ

スズキ

カワサキ

カワサキ

カワサキ