HISTORY ~時代を彩ったバイクたち~

ホンダ ズーマーX(2013年モデル)の基本情報

シート下のフリースペースをどう使う? 「ズーマーX」

110ccあたりのバイクの用途ですぐに浮かぶのは、通勤。二段階右折の必要がなく、原付一種のような30km/hの制限速度もない。それでいて、原付一種のような身の軽さですいすい走れる。しかし、その使い方だけではもったいないのが、「ズーマーX」。

見るからに遊び心にあふれたデザイン。剛性の高いフレームに、前後12インチのアルミキャストホイール。タイヤはフロント100、リア110の幅広タイヤ。フロントフォークは倒立タイプ。前後のブレーキが連動するコンビブレーキに加え、フロントはディスクブレーキを装備。「今日はどこを走る?なにして遊ぶ?」とバイクに語りかけられているようだ。

使い方で最もセンスが問われるのは、シート下のフリースペース。一般的なスクーターのように、シートを閉めてしまえば中が見えない密閉式ではなく、サイドとフロントにカバーがないので、何が入っているのかが一目瞭然なのだ。

エンジンは、電子制御燃料噴射装置(PGM-FI)を採用した空冷4ストロークOHC110cc単気筒。オートマチックなので、スクーターと同じ感覚で扱うことができる。最高出力は8.8ps。パワフルというほどではないが、低・中回転域で粘りのある特性なので非力に感じることはない。

登場したのは2013年だが、現在は生産終了となっている。

  • このページは本田技研工業株式会社のご協力を頂き製作しています

アクセスランキング

総合ランキング

メーカー別ランキング

ホンダ

ホンダ

ホンダ

ヤマハ

ヤマハ

スズキ

スズキ

スズキ

カワサキ

カワサキ