HISTORY ~時代を彩ったバイクたち~

ヤマハ MT-09(2017年モデル)の基本情報

クロスプレーンコンセプトのトルクフルな3気筒エンジン搭載 「MT-09/MT-09A(RN34J)」

燃焼室で生み出される燃焼トルクを効率よく引き出す設計思想。それがヤマハの「クロスプレーン・コンセプト」。その思想が注ぎ込まれ、トルクフルでリニアな特性を持つ直列3気筒・DOHC・4バルブ・ダウンドラフト吸気FIの846ccエンジンを搭載したモデルが、2014年に発売された「MT-09」とABS標準装備の「MT-09A」。

バルブ挟み角は26.5度と狭く、3気筒であることからエンジンはコンパクトにまとめられ、3into1タイプで一体成形のエキゾーストパイプ&サイレンサーと相まり、マスの集中化が図られている。また、徹底した軽量化で装備重量を188kg(MT-09Aは191kg)に抑えたほか、YCC-T(ヤマハ電子制御スロットル)や、標準的な「STDモード」・シャープなレスポンスの「Aモード」・穏やかな出力の「Bモード」から走行モードが選択できる「D-MODE」も採用。これらにより、開発コンセプトである“Synchronized Performance Bike”、つまり乗り手の「意のままに操れる悦び」が実現されている。

デザインもエンジンに負けず個性的で、ネイキッドとスーパーモタードを足して2で割ったようなアグレッシブなスタイル。それなりにクセの強いルックスだが、日常的な使い方からツーリング、高速道路も下道もワインディングまで、場所を選ばずに楽しめる素直な性格。シート高は815mmで低いとは言えないが、フューエルタンクの形状とコンパクトなエンジンのおかげで数字ほどの高さは感じないので、興味のある人は一度またがって確かめてみると良い。

  • このページは株式会社ヤマハ発動機のご協力を頂き製作しています

アクセスランキング

総合ランキング

メーカー別ランキング

ホンダ

ホンダ

ヤマハ

ヤマハ

ヤマハ

スズキ

スズキ

スズキ

カワサキ

カワサキ