HISTORY ~時代を彩ったバイクたち~

ヤマハ NIKEN(2018年モデル)の基本情報

インパクトの強さナンバーワン。LMWのスポーツモデル「NIKEN」

リーニング・マルチ・ホイール(LMW)の「TRICITY125(トリシティ125)」が発表された時、「ナニコレ」と話題になったが、そのLMWのスポーツモデルが「NIKEN(ナイケン)」。左右にヒラヒラと舞い、コーナーを抜けていく動画が公開された時には、見る者に衝撃を与えた。

ナイケンには、トリシティの機構を進化させた新しいステアリング機構「LMWアッカーマン・ジオメトリ」が採用されており、フロント2輪が旋回方向に常に向いているので同心円を描くため、通常の二輪車同様の自然な操舵感が得られる。なおかつ、外側片持ちフロントサスペンション、410mmのトレッド、2軸ステアリング機構により、リーンアングルは45度を確保。

そのほか、アシスト&スリッパークラッチ、クイックシフトシステム、トラクションコントロールシステム、クルーズコントロール、YCC-T(ヤマハ電子制御スロットル)、D-MODE(走行モード切替システム)など、様々な先進的な技術が盛り込まれている。

エンジンは、「MT-09」をベースにした水冷・4ストローク・DOHC・4バルブ・直列3気筒。最高出力116PS、最大トルク8.9kgf・mで、車両重量263kgのナイケンをスムーズに加速させていく。

見た目も中身も、ほかとは一味違う。そんなバイクを探しているなら、“攻めのLMW”であるナイケンのリストアップは必須だ。

  • このページは株式会社ヤマハ発動機のご協力を頂き製作しています

現在掲載中の車両

掲載中の車両は、ありません。

アクセスランキング

総合ランキング

メーカー別ランキング

ホンダ

ホンダ

ヤマハ

ヤマハ

ヤマハ

スズキ

スズキ

スズキ

カワサキ

カワサキ

カワサキ