HISTORY ~時代を彩ったバイクたち~

ホンダ GB400TT Mk2(1985年モデル)の基本情報

そのままでもカスタムテイスト。カフェレーサースタイルを究めた「GB400TT Mk2」

ロケットカウルとシングルシートを装備。「カフェレーサースタイルとは?」と聞かれた時に、「こんなカタチ」と多くの人が答えそうなスタイルで1985年に発売されたのがホンダ「GB400TT Mk2」。

そのフォルムを見れば、言葉は必要ないないだろう。ホンダのGBシリーズは1960年代にイギリスで活躍していた単気筒のロードレース仕様車のスタイルに、発売当時の最新の技術を融合させた、いわば1980年代の“ネオレトロ”モデルだ。そのシリーズの中でも、カウルとシングルシートを装備してカフェレーサースタイルを前面に押し出したモデルがGB400TT Mk2。何も手を加えないノーマルのままでもカスタムバイクの雰囲気をまとっている。

始動方式は、セルスターターとキックの併用。フロントブレーキはシングルディスク。今となっては何でもない装備だが、当時はフロントもドラムブレーキのバイクが少なくなかったので、スポーティな装いとなっている。

また、ヘッドライト・ステイやウインカー・ベース、ホイール・リムなどはアルミ製、ハンドルは鍛造のジュラルミン製、前・ 後フェンダーやサイドカバーは鉄製とするなど金属素材が多用され、質感を高められている。

最高出力は34PSなのでスーパースポーツのような圧倒的なパワー感はないが、単気筒らしい小気味の良い排気音を響かせながら、スムーズな加速を見せる。

  • このページは本田技研工業株式会社のご協力を頂き製作しています

現在掲載中の車両

掲載中の車両は、ありません。

アクセスランキング

総合ランキング

メーカー別ランキング

ホンダ

ホンダ

ヤマハ

ヤマハ

スズキ

スズキ

カワサキ

カワサキ

カワサキ